身体運動学セミナーⅢ

Category: 東日本大震災
身体運動学セミナーⅢ in 埼玉
「知覚・認知と身体運動の基礎と応用」
~疼痛・上肢機能・歩行に対するアプローチ~ 


平成23年6月5日(日)
場所:埼玉教育会館2F
9時00~開場 受付
9:20~10:50  講演Ⅰ 
  「歩行の知覚運動制御:リハビリテーションとの接点」
  樋口貴広 先生(首都大学東京人間健康科学研究科・准教授)
11:00~12:30 講演Ⅱ
 「複合性局所疼痛症候群(Complex Regional Pain Syndrome, CRPS)に対する
               認知神経リハビリテーションとそのメカニズム」
   住谷昌彦 先生(東京大学医学部付属病院麻酔科痛みセンター助教)
12:30-13:30 お昼休み
13:30~15:00 講演Ⅲ 
  「脳卒中後の上肢機能障害に対するニューロリハビリテーション」
  森岡 周 先生(畿央大学理学療法学科・教授)
15:10~15:40 症例報告 
  「中枢性疼痛を呈した慢性期脳卒中患者に対するアプローチ」
   生野達也 (摂南総合病院)
16:00 終了  
16:15 懇親会 『丸真』会場より徒歩1分
事務局: 山岸恵理子 (三郷中央総合病院)
      eriko.y0210@nifty.com 
16:15〜18:00
東日本大震災リハビリネットワーク~face to face~第三回報告会~
興味のある方はどなたでも参加可能。 参加費:無料
(報告者)
1.山本尚司(運動連鎖アプローチ研究所)Face to faceとは?石巻市旭町~在宅被災者~
2.木村佳晶(介護老人保険施設みやびの里)気仙沼大島~私の個人支援についての報告~
3.有井一貴 (長野県佐久穂町立千曲病院) 南相馬市~希望を必要とする被災地で理学療法士ができること~
4. 橋本大吾(白岡整形・東日本大震災リハネットワーク代表)これからの支援について
18:00~ 懇親会『丸真』
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0