理学療法士への支援情報

Category: 東日本大震災
あまっている医学書・リハビリ専門書を送っていただけませんか?

ご協力ありがとうございました。貴重な書籍をご提供いただき本当にありがとうございます。この気持ちは必ず伝えたいと思います。本日をもって締め切ります。

福島県在住の理学療法士に対する支援情報です。
ツイッターにて出会ったのですが、彼女は6歳と1歳そして4月18日に三男が誕生したばかりの母であり、理学療法士です。福島の原発から5キロのあたりに住んでいたらしく、今回の震災で津波か原発かは確認はしていませんが、家屋もそして理学療法士としての専門書や文献を全て失ったようです。現在は福島県内の在住で、TKAで有名な系列病院にて働ける模様です。旦那さんも失業中で現在は収入もなく育児に追われているようです。育児休暇がどれくらいの期間がまだわかりませんが、震災後に生まれた赤ちゃんはまだ一か月あまりであり、直ぐには働けないと思われます。経済的にもそして理学療法士としてのバイブルが無い状況なのです。微力ながら支援することを取りつけましたので皆さまにお知らせさせていただきました。忙しさや諸々の心労もあるかと思いますが、ご本人はとても遠慮されているところがりますので実名などは控えさせていただきます。
詳細はtwitter 「えりんぎ」@tomoyamama31
を御覧ください。

まずはどのような本があるか、送れるかをお知らせください。
郵送先などの情報を提供するか、とりまとめてお送りします。次の職場が整形外科が中心なようで整形関連があるとベターです。もちろん解剖や生理学などの教科書もgoodです。またTKAの文献などもあるといいかもしれません。
支援のできる方はメールフォームにてご連絡ください。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0