ヨガちゃんぷる

Category: YOGA
ヨガちゃんぷる レポート

 沖縄で開催されたえヨガちゃんぷるは震災の中でしたが盛況のうちに終えることができました。これも一重に開催に際してお手伝いしていただいたスタッフの方々、現地のボランティアをしていただた運動連鎖道場生の皆さま、そして震災のなか心身共に大変ななか参加していただいた方々、現地のインストラクター、セラピストの皆さまのおかげです。改めて感謝と御礼を申し上げます。
 沖縄県人の気質は申込も一か月前からするということはほとんどなく一日前とか当日受付にて参加するということが多いと事前には伺っていました。リハビリの世界ににおいては、教育がされていることもあり事前の参加表明とともに、手続きをしていただいていますが、このようなイベント開催などでも計算ができないということらしいです。実際に事前の申込とは別に当日に本当に多くの方々の参加があり、こちらとしても当日受付が盛況でびっくりした次第です。これも現地でヨガスタジオを主宰されています、与那城さんや板東さんのお力も大きかったと思います。そういった意味においてはリハビリの世界だけではわからない世間の素性というものを改めて実感できたように思います。先週の山口県といい沖縄も震災地域とは離れていますので、街全体を覆う空気がかなり違います。やはり関東全域は緊張感に満ちています。私も沖縄から眺める関東エリアは住んでいなければ、あえて近づこうとはしないだろうなという気持ちがよくわかります。ましてや外国人であれば国外に脱出という選択肢は当然でしょう。何かしらしがらみがそこにあるから留まるのです。
 関東から何人かの参加者が沖縄に大変な思いを抱えながら来られていました。しかし一応に疲労と言うか何かをくぐってきたオーラが感じられます。心身ともに疲労しているということですね。そんな中でも中村尚人君は変わらないですね。流石です。生きていることに前向きなのです。私も本来は3泊の予定でしたが一泊早めて帰京しました。普通ならゆっくりと満喫してという感じですが、やはり残してきた者に対する不安というか責務を感じながらの滞在でしたので、ヨガちゃんぷるが終わったら既に心は東京に向いていました。というより常に気持ちが半分は東京にあったという方が正しいですね。それでもヨガというイベントを通して日常の社会的責任は果たすことで自分自身を取り戻ることができます。いつかは元通りにというより、既に全く元に戻ることはできませんので、新たな価値観の創造をして新たな生き方を身につけて、一見元通りにの生活に戻していく必要があります。なんでも経験しなければわかりません。戦争も高度成長も実際は経験していないわけですので、結局歴史で学んだとしても全く実感がわかないのです。震災もそうです。当事者でなければ絶対にわからないのです。しかし局地的ではな日本の危機というようや境遇は、全国民の共通の経験となって記憶に残ります。間違いなく歴史の1ページであり、後世に語り継ごうという流れになると思います。

069_20110321193128.jpg
イベント終了後に皆さんで記念撮影です。こんな時だからこそとても楽しいイベントだったことを画面からもわからないといけないよね。板東イッキさんの掛け声でした。皆さんの充実したそれでいて共に歩んでいこうというメッセージが伝わればと思います。最後のクラスに参加した人での集合写真ですので実際には、まだ多くの参加者がおられました。

007_20110321193517.jpg
これは前日の講師陣および関東からの参加者を何名か加わっての打ち合わせとしようした飲み会です。東京ではしばらく見られなかった光景ですね。沖縄の地で癒されていくのがわかります。また近いうちにこのような明るい場が東北にも関東にもみられ心の底から笑える時を迎えられるように頑張りましょう。

008_20110321193821.jpg
変わらない人がここにも一人、事務局もしていただいた仲村圭さん。いい意味で人間の欲がある人は強いですね。時代を乗り越えるキーワードがそこにはありそうです。奥はジャイロキネシスのマスタートレーナーである井上朱実さんです。朱実さんも本当に芯を感じるというか、強さを感じます。こういう時にこそ本当の意味での強さが表れるんですね。私はどうやらそれほど強くない部類だということが、今回でよくわかりました。人は一人では生きていけない、ともに支え合わなければいけないんですね。自らの弱さを自覚することが、次の一歩につながるのかもしれません。

015_20110321194036.jpg
オープニングセッションのジャイロキネシスです。おうやってみると大勢でのジャイロキネシスは壮観ですね。マスタートレーナーの朱実さんの実際のセッションをみることで、本当に勉強になります。流れるようなタクトの振りによる誘導。いつの間にか解放感と気持ちよさを演出していきます。終了後も多くの人たちが朱実さんにジャイロキネシスについての問い合わせがあったようです。

017_20110321235348.jpg
そして午前中二つ目のセッションは与那城さんにるアシュタンガヨガです。地元、沖縄にてアシュタンガヨガの神髄を継承するインストラクターです。前日に私は直接スタジオにうかがい、与那城力さんのレッスンを受けてきました。最初の60分は生徒さんといろいろな体験などのお話です。その後、アシュタンガヨガを60分余り受けました。一言一言に哲学を感じる、生き方とマインドがこもっていることがわかります。世界に引き込むということはこういうことなんだなと改めて思えるイントラです。また是非受けてみたいと思わせてくれます。ヨガとは心とマインド、それは瞑想の中にアーサナがあるんだと思わせられます。写真は手前が与那城さんとアシスタントのお二人です。英語なまりの沖縄のイントネーションがまじった日本語で独特のリズムと世界を演出してくれます。

020_20110321235928.jpg
実際のセッションの三分の一ほどをレッスンしていただきました。一つ一つのアーサナに対する留意点を的確に素早くテンポよく、そして流れうように矢継ぎ早にトランジッションしていくため、ついていくのがやっとでしたがその魅力に取りつかれそうです。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0