選ばれる治療家になるために1

選ばれる治療家になるために 

 1月22日土曜日に宮崎の運動連鎖道場に参加していただいている「いとう整骨院」の院長である伊藤力さんが海老名の運動連鎖アプローチ研究所に来訪されました。何度か宮崎での運動連鎖道場での報告でしたように伊藤さんの湧き出るパワーというかオーラをふつふつと感じていた私は、宮崎でもその開業独立のノウハウとともに、惹きつける治療家とは何なのか?ということをレクチャーして貰えないかとお願いして、懇親会でお話していただいたりもしました。運動連鎖道場を機会に理学療法士と伊藤さんとの交流もできたようで、私も研修の早朝に治療院にお邪魔したりもしました。
004_20110123101439.jpg
運動連鎖アプローチ研究所にて伊藤さんのショット。既にただ者ではない雰囲気が漂っています。伊藤氏自身、病院ではなくてリハビリの理学療法士・作業療法士一人ひとりが選ばれる治療家になって欲しいという気持ちがあるようです。理学療法士向けに臨床哲学講座を全国にて開催したいという気持ちがあるようです 

 私自身は経営や独立開業などのノウハウは素人同然であり、病院勤務の習慣をいかに脱するかが課題です。知識と技術だけでは人を惹きつけることはできないことは明らかであり、また大衆のクライアントの心をつかむことはできません。病院では受け身の技術提供なのです。私自身はそんなに崇高な理念のもとに取り組んでいるわけではなく、ベースは怠け者の気分やです。ジュニアのスポーツ選手が早くから目標に向かって自然に努力できている姿からは比べ物にならないくらいぐうたらなのです。40を超えてもその20そこそこの選手たちから感銘をうける次第です。
 伊藤氏の話を伺っていると魂の迫力があります。その魂の迫力をなんとなく身体で感じるのです。これが存在感であったりカリスマということになります。一つのことにコツコツと取り組むその変わらない姿勢が眼差しを生み、眼力となって人に伝わるのかもしれません。命を感じたことのある回数だけ人はその一瞬の大切さを噛みしめ、密度の濃い時間を過ごすことができるのです。伊藤氏はまだ30代の若さですが、その人生は壮絶というか命の縁を観てきているものだけが纏える迫力があります。ですから患者さんは相対しただけで、既に頼りになる雰囲気を感じるのです。ただし、このオーラや雰囲気もまとうための方法があるとのことです。宮崎で資金0から独立開業され自由診療で多くの患者を惹きつけ、そしてスポーツ選手からも絶大な信頼を受けている伊藤氏の人間力から学ぶ講座を開講したいと思います。

012_20110123124938.jpg
そしてその足で八王子に向かいTACT8の中村尚人さんのスタジオにお邪魔しました。伊藤さんも是非会いたいということで急きょアポをとって向かいました。著書にサインをもらってショットです。 

治療とは魂を揺さぶることである

中村君を交えて懇談のなかで、患者さんから選ばれる治療家とは何か?そういった話題に自然となります。また独立開業するなかでどのような戦略が必要か?マーケティングは?ターゲットの定め方は?宣伝の仕方。ネットの活用方法。どのようにアクセスを増やすか。新聞やテレビなどのメディアへの売り込み方。具体的なコンテンツの表示の仕方などなど、それはそれは勉強になることが山ほどありました。伊藤氏は以前より開業と同時に行列ができるお店をつくる方法がある。と言ってはばかりませんでした。そのノウハウの一旦を垣間見ることができました。またマネジメント能力だけでなく、もちとん治療においても一流です。物凄く本や研修会で勉強しているかというと、あくまで人間に対峙して向き合う気持ちが自然とその人を治癒に導く道筋を与えてくれるかのうよに治療方法を編み出していくのです。マジックではなくて、しっかりと目的意識や方向性を共有することで納得させてその意義や今後の見通しなどを説明します。また本当に信頼してもらう、この先生に任せようという気持ちを引き出すことで治療者の技術も引き出されてくるのです。意欲をかきたてる患者もいれば、逆にやる気のない患者ではこちらも力が出せません。同じテンションに引き上げることこそが治療の神髄なのです。全ては魂の中から生まれてくる含蓄です。それは時間の大切さ、時の大切さ、人の大切さをわかっているからこそ成せる人間力なのです。人間力というとなんだか清廉潔白の志の高い誰もが目標とするべき人格を備えてと思ってしまいますが、決してそういった完璧人間になれということではなくて、魂の迫力を持つということです。
015_20110123131051.jpg
真剣に話こむ御二人。病院に来るから、みるではなくて、患者さんに指名される治療家になりたくないですか?
是非なりましょうよ。そのためのお手伝いがしたい。
伊藤 力先生はそれを伝えたいと切望されています。私もなりたいです。私も聞きたいです。

臨床のための人間力:現在持っている知識と技術を最大限に活かす人間力が備わってこそ信頼を受けるのです。そして技術も輝くのです。知識もただ知っているだけから生きた知識になるのです。
 もちろん伊藤先生はOA、脳卒中、スポーツ障害全般、一流野球選手、交通外傷など、どれもが結果を出しています。その方法は誰のものまねでもなく人間と真剣に対峙することで編み出される奥義なのです。魂の治療を学びたくありませんか?聞かれればどんなことでもいくらでも回答できるよ。と伊藤氏は言っています。それは魂が基準なので、その法則にのっとって語られるのです。
春先の5月ぐらいには是非伊藤氏の講座を開講したいと思います。
開講を希望される方、是非参加したい方は拍手をクリックお願いします。伊藤氏にも伝えてそのための準備をしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0