メタボリックシンドロームに思う

Category: ほんわか日記
メタボリックシンドローム

来年度から特定検診と保険指導が実施されることは周知の通りですが、来年度を眼前にして最近とみにメタボの話題が多くなってきましたね。私自身も今年、2007年度、「新しい健康運動指導士」として新しく始まったカリキュラムの認定講習会を受講しめでたく試験に合格したばかりです。新聞の紙面にも載っていましたが、はたしてメタボリックシンドロームの特定検診と保険指導にて医療費が最終的には抑制できるのか?といった内容です。つまり、特定検診と保険指導にお金がかかってしまい、将来的な病気の予防による医療費抑制効果を上回ってしまうのではないかという懸念です。実際のところ肥満者が減量に成功することは、自分自身におきかえても至難の業であることは間違いありません。たった、3か月の保険指導にて大丈夫なのか?という意見があるのもうなずけます。しかしながら、予防が大切だよという意識が高まることには何ら問題はありません。おそらく、年末から来年にかけてさらにメタボ話題は沸騰してくるに違いありません。ぜひ注目しておきましょう。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0