サッカー日本代表

Category: トピックス
サッカー日本代表代表はオールスターじゃない

 冒頭の言葉はサッカー協会の犬飼会長発言です。世間は小野や小笠原、前田を熱望するなか見事に代表のレギュラーメンバーともいうべき人選でした。サプライズは戦力としては真新しさはなく、おそらくピッチに立つチャンスはほぼ無いと思われる川口に白羽の矢を立てました。岡田さんはかなり考えた結果メンバーを選んだということですが、結果てきには変わらないメンバー構成といえます。結果がでてなくてもチームコンセプトの一貫性を重視したと言えます。前からプレスをかけて追い回すサッカーです。欧州組がいない時に国内組のテストで全くといっていいほど機能しなかったという思いがあるのでしょう。岡田さんはマリノスや札幌にてJのチームを率いていてチーム戦術に当てはめたサッカーを得意としていたようです。つまり個々の個性よりもピースとして働くことを求めました。しかしながら、最終的には選手個々が自分がやらなければという思いがなければ駄目だという思いにも至ったようです。もちろんEUROにおいてもディシプリン規律が重んじられることは確かですが、日本人とは違いエゴイストが多い外国人には大切な要素です。しかしながら真面目な規律が備わった日本人にはさらにシステムにはめ込むと抜け出せなくなるという欠点があります。つまりは大人しすぎるという指摘です。岡田さんはマリノスを最後にブランクがありました。チーム戦術にあてはめる駒としての扱いから脱皮をする試しの機会が無かったのです。それがいきなり日本代表の場でやることになったものだから混乱しているのです。つまり岡田さん自身が価値観や人間感などの発展途上にあるので、これ以上の発想やチャレンジはできないのです。自らの価値観にないものを世間に流されて遂行しようとしても無理なのです。よって岡田さんとしては脱皮はしたいものの途上にあるため基本は当てはめるというスタンスは変わりません。リハビリの職場では回復期なとは期内に業務を卒なく遂行していくていう流れ作業的な側面が多々あります。私がいなくても回っていく職場では?と自らの存在価値を疑うことはよくあることです。ただでさえ理学療法士が増えて一つの職場に50人も80人もいることが珍しくない現状では強烈な個性はいりません。皆が同じ方向に向いていなければ邪魔になってしまうのです。日本代表はリハビリでいえば回復期リハビリなのです。では南米はどうか?強烈な個性が揃う言ってみればクリニックといえるかもしれません。とはいえEUROもアジア各国も各々特性があるのでなんとも言えませんが。規律はどのチームもましてやチーム戦術やカラーはどこでもあるじゃないか!その通りなのですが絶対的に欠けているのはディシプリンではなくコレクティブです。規律のなかで自由に臨機応変にゲームの流れを読みながら調整していく能力です。言われてみれは日本代表には一番欠けている要素であります。ではどうすればコレクティブになるか?選手一人一人をよく知ることです。プレースタイルだけてまく、個性やキャラなどコマかにです。岡田さんは苦手にしています。
コレクティブに動けない国内組は規律がドツホにハマる日本人だからなのです。つまり自由度の奪われた国内組にさらに新しい選手が加わったとしてもいきなり洗脳集団に馴染めるわけがないのです。ピッチに入った選手はその場の雰囲気を誰よりも感じて戸惑い自分が出せなくなるのです。周りが良い子はかりで形にとらわれている中で小笠原や石川が急に入ってアピールしようとする動くとバランスが崩れたと岡田さんには見えます。だから選ばれないのでしょう。きっと。負けている試合でも形にこだわる岡田さんですので例え負けていてもひたすら前線からプレスをし続けるという選択肢しかないのです。点を取る形ではなく相手にサッカーをさせないというスタイルです。だから相手のエリア内で相手がボールを持っているときが最も強い形なのです。相手のエリアにいても自陣で引かれたら困ってしまいます。プレッシングサッカーができないからです。困って横パス、後ろへパスのよくみた光景になります。
 相手が格上で挑戦者というスタンスであれば挑む気持ちでモチベーションが上がります。失うものはない自分がどれだけ通じるか試すという姿勢は勢いがありますのでプレッシングサッカーが発揮されます。意欲的に前線からプレスする意義つまり必然性が高まっているからです。しかしながら格下やセルビアの3軍相手だとモチベーションがあがりません。明らかに格下やモチベーションの上がらない相手には眺めてしまうので、プレスがかかりません。いわゆるボールウォッチャーです。コンマ何秒か遅れると既にそれはウォッチャーです。挑むよりも受けるときに脆さが出るのです。スコアレスドローやリードしているときはいいですが、先取点をとられて相手に引かれたらどうしようもありません。悠々と敵は守っていればいいのです。日本はペナルティーエリアに入ってこないのですから危険になりません。ましてやフリーキックも俊介は故障でちょっと戦力にならないとなればなおさらです。そしてこのプレスのサッカーは前線から守備をするという決まりごとなので、DFももろに一対一になると慌ててしまいます。前線から崩してこぼれたところや相手が崩れたままで来た場合はいいのですが、裏を通されてカウンターや波状攻撃を受けて時に見ていられないハラハラ感は日本独特です。日本の場合は少しでもペナルティーエリアに相手が入ってきたら本当にまずいと思ってしまいます。しかし日本選手が相手のエリアに入ってもなんとなくDFは落ち着いてさばいています。なんたってシュートは打たないし、精度は悪いしだからです。安心して守備をみていられる海外と比べ日本は安心していられないのです。プレスは前からの連動性なので、受けに回ったらいもう終わりです。一旦気持ちが萎えても終わりです。焦っても終わりです。常に最高レベルのテンションに上げておかなければいけません。基本的には90分それも3試合とも同じくハイテンションでは臨めないでしょう。
 ただの前がかりのリズムですのでポジショニングやコレクティブな動きが代表には備わっていないのです。これは岡田さんがコレクティブなサッカーができないので仕方がないのです。頭ごなしに一貫してベスト4だとか、前線から守備をしろなどの単純なメッセージは伝えていますが、岡田さんに親近感や信頼感を選手が感じているかというとそうではないでしょう。一線を引いた関係なのです。ジョークやギャグも笑えなさそうですしね。岡田さんはコーチ経験が長いのでやはり基本はコーチから脱しきれていないのです。海外ではコーチが監督にというパターンですが日本のコーチと監督の関係は奴隷と王様です。選手自身が率先的にといいつつそのノウハウがわからないので、岡田さんにはひたすら走りまわるコンセプトを体現できるメンバーしか選べないのです。よって今回選ばれたメンバーはベストといえます。岡田さんが最も力の発揮できるメンバーです。この前頭葉にて自由な発想能力の欠けた国内組に、ほとんど指導もしていない海外の俺が俺がの世界で揉まれた洗脳しきれないメンバーが加わることでようやくバランスがとれるのです。海外ぐみが入って上手くいってるのは、岡田さんのコンセプトが浸透しているからではなく国内組の失われたpositiveを海外組が持ってきてくれるからなのです。よってワールドカップにて日本が仮に活躍したとしても、それは岡田さんのコンセプトではなくコレクティブにできない日本組の規律の高さと、コレクティブな要素を持っている海外組が入って絶妙なバランスで成り立っているからです。国内組だけではとたんに岡田さんの悪い部分が出てしまいます。海外組が入ることで岡田さんの欠けている部分を補ってくれるのです。ディシプリンを保ちつつコレクティブに動くことの差し加減をわかっている海外組は貴重なのです。よってメンバーはおのずと固定されてしまうのです。
 そして最大の武器は岡田さんも本田には「ものすごく期待している」と語っているように、スバ抜けた海外でもエゴイストの部類に入る選手が大義名分というか先発でメインで使わざるを得ない状況にまで登ってきたのです。本来ならばCLであれだけ世界に注目されなければ使わないでしょう。どうみてもどの世界の監督であっても本田は使うのは当たり前のエビデンスができているわけで、流石の岡田さんも世界標準に考えてサッカー人として人として使わないわけにはいかなくなったのです。岡田さんも唯一の光は本田という劇薬が入れざるを得なかったということなのです。よってコメントは「ものすごく期待してる」まるで一サポーターになったかのような表現です。つまりは岡田さんの心境は「私には想像の範囲外なのでよろしく」ということなのです。岡田さんには今のサッカーしかできない、しかし足りないことはわかっている、新たに選手に植え付けることも指導も教えることもできない。本田さんそこんとこヨロシクと・・・本田は代表になるとやはり少し遠慮がちなプレースタイルになったこともありますが、それさえも洗脳をとくためにロシアで日々発奮しています。岡田さんは良くも悪くも選手を洗脳できる脳力があります。融通性がないと誰もが感じられる人格だからです。ワールドカップにでいてるどのチームの監督と比べても見劣りがするのは、ネームバリューや実績だけの問題ではなく、まとっている懐の大きさによるのです。何度か同じような人間をみたことがありますが、背景はとても優しく弱い人間なのです。優しいがゆえに世間ではかえって生きるには不都合で無理やり強くなろう強くみせようということが常習化することで本当の自分をベール隠しているのです。岡田さんは大きなものや長いもの、信じられるものにすがりたいのです。ヨーロッパに視察にって森本の評判は相当聴いたようで、見事に洗脳されて選んでいます。意外に単純なのです。海外で評価が高いなら、有名な監督が推薦するならとコロッと変わります。
 ということで皆さんは負けている時間帯で玉田や大久保が使われる場面を想像するだけで悲鳴に近い声が聞こえてきそうです。さぞかしがっかりすると思いますが、ましてや先発でつかわれようものなら・・・いずれにせよ今は岡田さんのココロのリハビリをしてもらって、嘘でも周りでおだてて俺はできるんだと自信をもってもらうことです。子供のように結果がでたらよしよし良かったね~とさらに褒めましょう。非難はいけません。ガラスのココロをなんとかバリアーをはりながらバランスをとっているのですから。あとは俊介批判も多いですが、あの髪形がね~やはり俊介のココロもベールにまとっていますので思い切って本番では丸坊主にしてくれないかな~最近の表情はますます暗いです。スコットランドではもう少し眼が見えていましたが今は傘ごしに見ている感じです。DFも前線のプレッシングが破られたらやばいと思ってしまう心理状態を改善しないといけませんね。コレクティブに周りが動けないので、パターンが崩れたり想定外の自体になると自分がなんとかしなければと孤立してしまうんですよね。やはり守備の本田が必要ですね~点をとっても大量失点にて負けそうです。初戦のカメルーンに3点もとられるようならどうするんでしょうね。いずれにせよ先行逃げ切りパターンのシナリオしかないので、やはり本田さんお願いしますですね。いずれにせよリードされたらどうしようもない現状の日本において、本田さん頑張ってください。応援しています(岡田さんの心境談)。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0