フィギィアスケ~ト

Category: トピックス
フィギィアスケ~ト バンクーバーオリンピック

いよいよ本日、男子フィギィアスケ~トのフリーが始まります。プルシェンコの強さは相変わらずですが、高橋選手のSPでのほとんど得点差が無いというのは期待ですね。得意のストレートラインでのステップは本当に見事で、決まった通りに踊るのではなく、その時の旬な自分を全て出しきっているかのような躍動感がありました。体調や環境、雰囲気が毎回違うなかで、まさにその時のオリジナルがだせなければ会場と一体感を持ってはできません。会場を見方に付ける、言葉では簡単ですがそのメカニズムはわかりません。ただ言葉よりも考えるよりも先に身体が動かないと、気持ちが先行し気持ちと呼吸と動きが一体となったときに、観ている側にも伝わるものがあるのでしょう。聴衆は何を感じて感情を揺さぶられるのでしょう。観ているものの気持ちを揺さぶる。そのメカニズムはなんなのか!理学療法士として、魂を揺さぶる躍動感のある動きへのアプローチはできないものか!目指すは感動を与える動きづくり、究極の動作指導ですね。
しかしながらSPで90点台が3人、選手はどんな気持ちでこの二日間を過ごしたことでしょう。究極の戦い、4年に一度の最高の舞台で、プルシェンコという絶対王者が3年前と何等変わらないで帰ってきた。暫く4回転回避に傾きかけていた流れを、一気に引き戻したプルシェンコ。一人の選手が、スケーターの気持ちとレベルを一段引き上げたのです。最終滑走のプルシェンコは必ず4回転サルコーを決めてきます。現在2位につけている世界王者ライサチェックも、かなり貫禄があり素晴らしい演技でした。プルシェンコの独壇場を許さない、王者としての演技でした。ただライサチェックはフリーでは最終組の最初の滑走者になっています。気掛りとすれば、周りの流れをみて滑り方をアレンジできない、メダルの行方を左右する最終滑走に近いほうが観衆も興奮状態になり一種異様な雰囲気になります。
 荒川静香が金メダルをとったトリノの時も、いまでも当時の映像をみると、普通じゃない雰囲気を感じます。荒川静香も確か最終滑走から3番目だったと思いますが、これは高橋大輔と同じ曲順です。いずれにせよプルシェンコの有利な舞台は整っています。トリノのスルツカヤがそうであったように、最終滑走者が最高の演技をして締めるというシナリオを描くならばプルシェンコをさしおいては誰もいません。実績と実力がオリンピックであっても有利に働いて来るのでしょうね。
 しかしペアのロシア代表で出場した川口悠子さんは4位で残念でした。日本人でロシア代表にてオリンピックに出るため国籍を変えて臨んだオリンピック。38キロという細い身体からその覚悟というか生きざまを感じ、日本の女性の強さを改めて感じました。とても華麗で綺麗な踊りだっただけに直前の4回転の回避がリズムを狂わしたようで悔いが残ります。彼女はメダルをとるために国籍まで変えた芯があります。生き方として冒頭の4回転は挑みたかったのでしょう。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0