カイロプラクティック機能神経学の正規Diplomate300時間プログラム

このたびのキャリック来日に伴い、カイロプラクティック機能神経学の正規300時間プログラム復活要望の声が高まってまいりました.これを受け、Dr. Carrickの後押しもあり、キャリック日本事務局では是非皆様の声にお応
えできるよう、準備を開始致しました.このプログラムは、かつて増田裕DC, DACNBが講師として行っていたものです
が、現在は諸事情により中断しています.ただし、このプログラムが日本で再スタートするためには、それなりの参加者数が必要となります.また、受講資格などの問題もあり、実際に何人が参加されるのか未知数です.そこで、昨年キャリック日本講演を受講された先生の中から、どのくらいの方が参加の意思を持っておられるのか、アンケートにてお尋ねしたいと存じます.その結果をもとに、Carrick Instituteに最終的判断を委ねたいと思います.ご多忙のところ恐縮ですが、下記をご一読いただき、大場 弘DC宛 mms-oba@mbc.ocn.ne.jp にご連絡ください。

-------------------------------------------------
 カイロプラクティック機能神経学の正規Diplomate300時間プログラム

       ~要項~

   受講資格:
1.正規国際基準を満たしたカイロプラクティック大学を卒業したドクター
2.正規国際基準を満たしたカイロプラクティック大学に在学中の学生
3.医師(MD)
4.歯科医師
5.カイロプラクティック標準化コース(CSCプログラム)の終了者
6.カイロプラクティック標準化コース(CSCプログラム)在学中の学生
7.PT/OTで脳機能障害のリハビリに関わっている場合、審査の上 聴講生
(DACNB受講資格を得ない)として認められることがあります.

 開始時期と期間(予定):
開 始: 2010年4月
期 間: 26モジュール(約2年)、                 
             
例、毎月1回、(土)10-19:00+(日)9-17:00 =計15時間/月 
場所: 東京または、東京近郊
受講費: 一般$375ドル、学生$175ドル(但し、学生は各モジュール受講後3年以内に差額の$200を支払わなければ、DACNB(カイロプラクティック機能神経学専門医)試験の受講単位として認められませんのでご注意下さい.)
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0