はじめての「ジャイロキネシス」

Category: bodywork
ジャイロキネシス」セッション盛況報告!!

PA010001_edited.jpg
汗をかいた後の一杯は格別です。スタジオの近くにライフという美味しいおしゃれなイタリアンのお店があります。

 10月1日木曜日、ナチュラルフローにて道場生永田さんの声掛けで、わたくし山本のジャイロキネシスのセッションの機会を設けていただきました。永田さんは最近、ピラティスにヨガそしてジャイロトニックにと積極的に自らの身体をいじめて?おられます。身体で感じたほうが早い・・・その感覚は徐々にではありますが浸透しつつあるようです。未知なるものへの遭遇ではありませんが、体験して実感してみることが最も理解への近道になるからです。情報だけ提供されると人は適応できません。その世界観がわからないからです。人に関わることですので、確かに何でも役に立つと言えば役に立ちますが、あまりにも宗教感や心理や工学でもなんでもいいのですが、その世界に特化した情報を前面に押し出されるとわからないに決まっています。その情報に興味のある人が集っているのならまだしも、とりあえず人が集まっているから自分の話したいことを話そうというスタンスはどうかと思われます。時代は半歩または数か月進んでいるという距離感が最も賛同しやすいされやすいのです。哲学、人間観、などなどそれこそヒトとは何か?生命とは何か?確かにその方法に必ず突き詰めれば進んでしまいます。しかしながら、医学ですのである程度理学療法というカラーを踏まえて全てを話すべきでしょう。変わった情報を得たから提供するというスタンスは、その本人の実感と学習の過程や結果とはまた違います。

 さて本筋~離れてしまいましたが、テーマは初心者ということでジャイロキネシスを初体験というPTの方々が多く参加していただきました。全員で9名の参加で、既にピラティスのインストラクターを取得された人も2人いてbodyworkerの前でのセッションは若干気合が入りますね。何でも取得したばかりとか旬の人は勢いがあります。しかし時間とともに徐々に薄れてきます。私もファンデーションコースが終わってまだ一月たっていませんが、忘却しかかっていることが多々あります。見なおして改めて研鑽しなければいけません。bodyworkの辛いといいますが大変なことは、当然ですが好きでなければできないということです。何でもラインセンスをとったらずっと肩書がついてくるものですが、実際に使っていなければペーパーになってしまいます。履歴書としてはよくても実際はペーパーということではね。大学院などで論文を書いてしまえば確かに冊子として延々に残りますし、実績として紋所のように使えます。しかしbodyworkの場合は取得しただけでは、何せ身体を動かすスキルとテクニックそして持久力など総合的な身体能力が低くなるとできなくなってしまうからです。
 さて盛況報告としましたが、グループレッスンに向いているジャイロキネシスの真骨頂でみなさん背骨が柔らかくなった動かしやすくなった、芯から汗をかいた、気持ちいいなどの感想が得られたようです。シークエンスそしてトランジッションそして高揚感と臨場感が最も大切ですので、自らがノッテいくことが成功の秘訣です。まだまだ周りをみてどうこうは難しいのですので、しばらくはナルシーでいこうと思います。それでは皆様、毎週火曜の夜6時ぐらいからナチュラルフローにてジャイロトニックのプライベートセッションも行っていますので、奮ってご参加ください。またジャイロキネシスをご希望の方はな木曜に予約をいれますのでご連絡ください。メールフォームから是非どうぞ。

ジャイロトニックのレッスン空き状況
10月6日火曜日 19:30~
  13日火曜日  18:00~ 20:00~
  20日火曜日  19:00~ 20:00~
 27日火曜日   18:00~ 20:00~

ジャイロトキネシスレッスン 木曜日のPM6時以降~
 火曜日も空きがあればOKです。
 複数の人数にてお越しいただけますとベターです。
 出張にてジャイロキネシスも行いますのでメールフォームからお申し込みください。

スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0