運動連鎖道場in沖縄宿泊セミナ~報告

運動連鎖道場in沖縄宿泊セミナ~報告

P9260017.jpg


9月26日~27日東京では秋も深まるなか沖縄にてホテルベルパライソ宿泊セミナ~を開催しました。上着が必要な東京とは違いさすがは沖縄、まだまだ海に入れるほどの熱気です。インフルエンザも収束しているようで一安心でした。珍しく二日間快晴で、リゾート満喫な気分です。

P9250014.jpg
 前日の金曜日に現地に入り兼島さんと打ち合わせを兼ねてお食事です。会場は名護のさらに奥になりますので高速を使っても空港から二時間はかかります。

P9250012.jpg
 夜10時近くになるとさすがに開いているお店も少なくなり、現地情報を兼島さんが仕入れて沖縄食堂のようなお店に入っておすすめのお魚のバタ~焼き定食を頼みました。あまりにもの量の多さに完食はできませんでしたが、現地ならではの料理はエネルギーを貰うことができます。
  基本的には現地で食べる特産品は本当に美味しいですね。同じ食材を現地外で食べでも、現地以上にはエネルギーを感じないのは、食事とはその地が持つ気を食すことにもなっているのでしょう。

P9260039.jpg
  翌日は朝から快晴で、午前は名護に5月から新しくできました名護スポーツリハビリテーションセンター『スポ~ク』に見学に行ってきました。土曜日は毎週大掃除の日になっているようであいにく臨床はみれませんでしたが、スタッフ総出で草取りから院内の全ての掃除まで一日がかりでこなしているさまは新しい?病院のスタイルを見た気がしました。
P9260040.jpg
草刈り機で掃除です。まだ真夏の天候ですのでかなり大変です。全天候型のトラック外周700mが整備されています

P9260038_edited.jpg
掃除の合間にしばしの休憩の宮城さん

病院愛が湧きます。小学校の時にトイレ掃除で異様に毎日綺麗にすることに燃えていた時がありました。確かに愛着がわきますね。

P9260033.jpg 捻りを加えながらのエクササイズマシーンにて
 スポ~クには比嘉竜二さんという奇跡を起こすと言われているPTがいます。噂を聞き付けて方々から来院するようで、スポーツを掲げていますが日中は一般整形外から血管疾患まで幅広く来院されるようです。

  現代は医師のように身体の一部分が専門という時代ではありません。代名詞は必要かもしれませんが総合的な見方が不可欠です。全てが繋ってくるには時間はかかりますが、共通しているのはパルペ~ションです。解剖学的な触擦ではなく生命に対するパルペ~ションです。理学療法は解剖学的な知識があれば触れるという前提にたっていますが、その前に手の感覚、意識を磨かなければいけません。私が知っている何人かは気がついて体得していますが、まだまだ少数派といえます。そのようなパルペ~ションに意味を見出だす前に意識のなかで高いハードルがあるのです。私も初めて内圧変動をパルペ~ションで感じることに触れた時には、かなり戸惑いを感じました。まさにパラダイムシフトです。パラダイムシフトは自民党が民主党になるぐらいチェンジですから、変わってみないと分からないのです。変わってみて実は鳩山さんいいじゃない!民主党のほうが見栄えがいいね~政権をとることで自然に貫禄も雰囲気も出て来ます。逆にいえば学校教育でみんな教われば、教官がみんなそのような感覚を当然のように持っていれば学生は当たり前になるのです。いつだったか学生て特色のある見方を教わっていると、実習ではかえってバイザーの手にあまるようになるようです。独立することが前提なら個性的なクリニックが山程できて、病院という畑に均等にならされることは無いでしょう。これは誰が悪いわけではなく、環境の問題ですので仕方がありません。能力の問題でもありません。

P9260027.jpg
来年ぐらいには比嘉竜テクニックをご披露できる機会もあると思いますのでお楽しみに。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0