日本カイロプラクティック徒手医学会関東支部第一回勉強会報告

日本カイロプラクティック徒手医学会関東支部第一回勉強会報告

 少し前になりますが9/5土曜日午後6時から大井町キュリアンにて日本カイロプラクティック徒手医学会関東支部の第一回勉強会を開催いたしました。関東支部の立ち上げの前に昨年から東京勉強会としてカイロ勉強会を開催してきました。今回は晴れて学会公認の関東支部として立ち上げました。関東支部となったからには学習活動や研究の啓蒙などが必要になってきます。文献を読んだり、各々がゼミのように発表したりなどが主な活動になります。
IMG_0087.jpg
今回から大場 弘D.C.著書の「マニュアルメディスンの基礎」を教科書として抄読会をすすめました。カイロの歴史をみんなで読みながらディスカッションしていくという形式です。自由に疑問や質問ができる能動的な研修となりました。今回から連載として教科書を読みこんで勉強していきます。教科書は大場先生のご計らいにより10000円が7000円となって購入できます。
途中どこからでも参加できますので、ぜひご参加ください。リハビリ関係者でもカイロのことを一から学べるよい機会となっています。


IMG_0088.jpg
コメンテーターとして著者の大場先生がその文脈について語ってくれます。
IMG_0090.jpg
司会進行の真壁大輔さん。事務局も兼ねています。若手のカイロ界の旗手です。
次回は12月12日土曜日18:15~大井町キュリアンに開催です。
また、「マニュアルメディスンの基礎」エンタプライズより出版、大場 弘 訳の本も今後教科書にしていきたいと思います。現在この著書が17000円が10000円で購入できることになりました。
是非勉強会にご参加ください。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0