第一回第二回カイロプラクティック徒手医学会関東支部研修会

第一回第二回カイロプラクティック徒手医学会関東支部研修会 案内

カイロプラクティック勉強会を昨年5回にわたり開催してきましたが、このほどカイロプラクティック徒手医学会から承認をいただき関東支部と改め研修会を開催していきます。私自身がカイロプラクティックやオステオパシー、整体、鍼灸マッサージなどを通じて哲学理念の大切さを学んだ経緯があります。マニュアルセラピーは確かに簡単ではありませんが、理学療法の世界ではことさら難しく感じるのは何故だろう!?その答えはあらゆる徒手療法を包括的に体系だってカリキュラムされているカイロプラクティックを学ぶことで明らかになってきました。まずハッキリしているねは、教える側の手順手続きが違うということです。また悩の使い方が違うということが最近分かってきました。学ぶに当たって、団体や流派によって取り巻く場の雰囲気に相違があることは皆さん知って感じておられると思います。この取り巻く空気の差は悩が情報処理をして感じていることであって、つまりのところ脳の使い方の違いなのです。それは研修報告などでは伝わらない場の雰囲気です。現場にいなければわからない体験してみなければわからない空気感、つまり本当の意味でのマニュアルセラピーの起源を知るにはオステオパシーやカイロプラクティック、整体などの空気を吸う必要があるのです。日本の理学療法士の徒手療法にはリズムやテンポもう少しいえば深みが欠けているのです。場の雰囲気とは悩波の同調性ということになります。あらゆる団体や勉強会などの雰囲気の違いは、外から入っていくとすぐに肌で感じています。しかし中にいる人達はわかりません。また判らなくなってきます。よく病院を変わると最初は新しい職場の悪いところばかりが目に付きます。しばらくすると慣れて同調してしまいます。
人は強いバイブレーションを感じると、カルトだ宗教だと陥らないように近付かないようにしようとします。カリスマとは周りと同調しないバイブレーションの強さのことをいいます。ある意味コア~といえます。多かれ少なかれ何かしらに同調し洗脳されているのです。スマートに良いとこ取りをすれば良いんだ~と言っているセラピストに強いバイブレーションはありません。コア~がないからです。アグレッシブに吸収しようとしているセラピストには何かを感じます。情熱を傾けないでくコア~を造ろうとしても無理な話です。
さて話が脱線しましたが、マニュアルセラピーは講義が沢山、そして実技という形態での習得は100倍時間がかかってしまいます。最初の講義の段階で悩はフリーズして感性への経路が遮断されてしまいます。まずマニュアルセラピーは立ち方、触り方、呼吸の読み方などもっと知識の前にやらなければならないことが山程あります。その大事なエッセンスが入っていない理学療法士の徒手療法は習得が遅いのです。姿勢や間合いでモデルになるようなセラピストが周りにいなければ、やはり姿勢が悪い理学療法士の伝統が受け継がれていきます。子供の姿勢や仕草が親に似て来るのは遺伝的な要素だけでなく、環境つまり視覚的に入ってくる身体イメージによるところが大きいのです。スポーツでも学校や国でカラーがあるように徒手療法もモデルになる人達の立ち振る舞いが自然に伝播していくのです。情報化社会においてはもとの文献や出展は同じであることが多々あります。誰もが同じ情報を共有していて解釈と使い方が違うだけという時代です。自然に限りなくあらゆる業界が歩み寄っているのです。いいものはドンドン吸収していなけければなりません。アナトミートレインのトーマスマイヤーもペルビックアプローチのダイアンリーも行き来して交流しているのです。つまり上の指導的な立場にある人たちはお互い交流しあって刺激しあっているのです。この情報社会においては接点を見出さないほうが難しいのです。むしろその学んだ弟子たちが狭い知見に陥っていまう可能性があります。何故ならせっかく得れれたコアーを簡単に手放したくないからです。直立にその場に立ち続け、守り続ければ安定していますが、幹は細く柔軟性がないので実生活においては弊害が多々でてきます。風にも地震にも脆くすぐに倒れてしまうからです。
 さて日本カイロプラクティック徒手医学会 関東支部の研修会ですが年に4~6回の開催予定です。この一年間は教科書を選定しじっくりと系統だって勉強していきたいと思います。


第一回 日本カイロプラクティック徒手医学会 関東支部 研修会
期日:9月5日 土曜日 PM6:15~9:00
場所:大井町キュリアン 中会議室 
テーマ:マニュアルメディスン
教科書:マニュアルメディスンの基礎(大場 弘D.C.著)
     定価10,000円のところを、参加者には特別7,000円で販売予定

第二回 日本カイロプラクティック徒手医学会 関東支部 研修会
期日:12月12日 土曜日 PM6:15~9:00
場所:大井町キュリアン 第二特別講習室 
テーマ:マニュアルメディスン
教科書:同上

参加費:各回 日本カイロプラクティック徒手医学会会員 3,000円  
         非会員  4,000円
         *教科書の有無をご連絡ください。

申込先:真壁大輔 (まかべカイロプラクティック)
daikon_chiro@msn.com

日本カイロプラクティック徒手医学会関東支部代表:山本尚司(運動連鎖アプローチ研究所)




スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0