人生訓

Category: 人生訓
「人生訓」
今日から新しく人生訓という新しいカテゴリーを追加しました。いつのまにか挑むことを忘れがちが私自身への戒めとして日々精進していくための初心を忘れないためにも、毎日が訓示を念頭に置きながらすごして生きたいと思います。なにゆえこのようなことを考えたかというと、スポーツを学生時代にしたいた時は「苦しい時こそが伸びているときだ」と心のなかで連呼しながら、陸上競技に励んでいました。長距離走者でしたのそれはそれは、楽しいという瞬間はほとんどなくただ苦しいという毎日でした。おそらく、この苦しさが生きがいにまで、もしくは苦ととらえないですむ人は一流になっていくんだと思われます。
 社会人になっていつの間にか本当の意味でのハングリー精神がなくなってきているように思います。つまり自己研鑽、利己的・名誉やお金ではなく純粋に自分自身の心身を高めていくということ、スポーツ選手でいう「人としても成長していく」という人の本来も人生の目的を果たすためのものです。スポーツ選手であれば、どんなに自分自身で勝手に良かれと思っていても、客観的な成績となって表れるためごまかしや言い訳がききません。しかしながら、我々社会人はともすればいろんな言い訳が通用してしまうことが多々あります。常に客観的に評価される立場というのは本当の逃げ隠れできません。政治家などをみていると、本当に権力として上昇していくということがその個人の成長と相関しているわけではなく、武道のように肉体と精神の修行によって成長していくということがなければおそらくバランスを崩して何かしらの軋轢やひずみをうんでしまうものと終われます。さて、また後ほど・・・
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0