第五回カイロプラクティック~徒手医学~東京勉強会

第5回カイロプラクティック~徒手医学~東京勉強会
Ⅰ 「筋感覚と筋張力」
Ⅱ 「徒手療法の効果~サーモグラフィーによる検証~」


 2/28第四回カイロプラクティック東京勉強会も盛況のうち終わり、早速、第五回カイロプラクティック勉強会のご案内です。今回は世界的な神経生理学の権威であられます高橋光司先生をお迎えしての勉強会です。高橋先生はカイロプラクティックや東洋医学にも造詣が深く、現在は横浜医療専門学校校長をされています。筋感覚や筋緊張のコントロールはセラピストにとっての永遠の命題であり、改めて基礎を見直すいい機会となることでしょう。また同日にサーモグラフィーを搬入し、実際に理学療法や徒手療法の効果を学術的な検証の一歩として行いたいと思います。カイロプラクティック勉強会は4月移行は日本カイロプラクティック徒手医学会関東支部として昇格し、カイロプラクティックやリハビリの垣根を超えた学術的な活動をしていきたいと考えています。昨今多くの研究発表がされている理学療法業界ではありますが、まだまだ本当に知りたい実際の臨床における検証はこれからであると思われます。実際に臨床現場で研鑽されているセラプストの多くは、研究との両立は困難であるといわざるをえません。また一人では研究は進まないもので、改めて職場とは違った環境で、切り替えて臨床研究モードになれる場所が不可欠です。
 この場を大いに利用して、新しい未知なる知識と技術の習得、学術的な思考やデータ取りなどに興味のある方々のご参加をお待ちしております。

期日:3月28日午後6:00~9:00
会場:大井町キュリアン 5F 第4講習室 
テーマ:PM6:00~7:30「筋感覚と筋張力」 高橋光司先生(横浜医療専門学校校長、医学博士)
     PM7:30~9:00 徒手療法の効果~サーモグラフィーによる検証~
参加費:4000円 一般
     3000円 日本カイロプラクティック徒手医学会会員
定員:40名
申込先: 真壁 大輔 daikon_chiro@msn.com
    職業、経験年数、所属、会員の有無を明記のうえ、お申し込みください。

講師:高橋光司 先生プロフィール
 S33.3:千葉大学医学部卒業。
 S36.4:千葉大学医学部助手
 S38.8:文部省在外研究員として2年間ドイツ留学
 S40.10:千葉大学講師、医学博士
 S44.4:同医学部助教授
 S46.3:ゲッティンゲン大学教授(終身職)
 H17.4:平成医療学園 横浜医療専門学校学校長
 ドイツ生理学会会員、第1回ノーベル・シンポジウム、
 国際生理科学連合会議ほか多数の国際会議に参
 加、座長、パネリスト、招待講演、教育講演等の演者、
 などを頻回つとめた。東洋医学に関する論文も数編
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0