運動連鎖アプローチ研究会in千葉 Part36

運動連鎖アプローチ研究会in千葉 Part36
Lady’s professional

日時:平成21年4月19(日) 10:00 ~18:00
会場:さわやか県民プラザ(千葉県柏市)中会議室
   http://www.kplaza.pref.chiba.lg.jp:80/
講師&内容
 あらゆる医療現場の中で変革の波がみられます。このような激動の世の中において、女性の活躍は医療現場に限らず目覚ましいものがあります。男性とは違う、女性ならではの感性と価値観を、我々男性陣は理解する必要があると感じています。女性ならではの思い切った決断力と実行力、そして行動力、現代において自分らしく生きることに関しては男性の比ではないと思われます。今回、PT、看護師、医師、各々の分野で独自の色を出してご活躍されている先生方をお呼びしての開催となりした。
 田口先生は、日本の理学療法士認定第一号という、まさにレジェンドとお呼びしていい存在です。その活動は多岐にわたっており、body workであるフェルデンクライスを理学療法に広めるべくご活躍されています。PT第一号として女性として、今後の未来に対して我々、後輩PTへの提言をいただければと思います。
 白木先生は助産師であり健康運動指導士であり、インストラクター歴16年という先進の看護師像を築いていらっしゃいます。マタニティビクスという女性ならではの領域に、ピラティスを取り入れご活躍されています。
 榎本先生は皮膚科の医師でありますが、フットケアー、アロマ、化粧品(直接ドイツまで行って化粧品を選定視察)など、美容皮膚科という女性ならではの専門性を発揮しておられます。自らの悩みを?ご相談していただくのもありですよ。
 今回の研修会にて、どのように自らを自己表現していくか!!そんなヒントが得られる場となっていただければと思います。できるだけ多くの女性セラピストに来ていただければと思いますが、男性も参加可能ですのでご安心ください。

 AM~
  「プロフェッショナルとしての理学療法士」
   田口順子(理学療法士第一号/PTOTフェルデンクライス研究会代表)
 PM~
  「産前産後のマタニティビクス」
   白木 和恵(助産師/徳重ウィメンズケアクリニック/日本マタニティビクスディレクター/
           ピラティスインストラクター)
  「美容・フットケアー・アロマ、医師としての独自性・専門性」
    榎本 韻世(医師/池下レディースクリニック皮膚科)

  「総合ディスカッション」

参加費:12,000円  
定員:80名(定員になり次第〆切)
申し込み先: 流山中央病院  菅原幸恵  dreamslady22@yahoo.co.jp
氏名、都道府県、所属、経験年数、メールアドレスを明記のうえ、PCよりお申し込みください。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0