ウォーキングセミナー第5回報告

「セレビーウォーキング」誕生

第5回目のウォーキングセミナーも終わり、残すところあと一回となりました。各方面でちょくちょくウォーキングセミナーを開催するようになって、大分そのメソッドが確立してきた感があります。第4回目までにほとんどの歩行の要素は述べたように思ったのですが、第5回目の今回が最も劇的に参加者の変化がみられました。私も予想外だったのですが、仙腸関節のアライメントというのはいわゆる徒手療法にて可動性をだしたとしても立位のなかで身体のなかでどのような位置関係にあれば維持できるかという問題の解決にはなりません。仙腸関節の調整方法は仙骨由来のテクニックから腸骨由来のテクニックへの変遷がみられますが、それでもまだ動きのなかに姿勢のなかに歩行のなかに取り込まれるには、また別の要素が必要なのです。実際に患者さまにおいてもそのような適応の方が機能障害として残ってきます。今回、行ったテクニックは仙腸関節のアライメントを座位にて整えそれを維持させるべく立位へ移行し、歩行へとつなぐというものです。詳細は企業秘密でもないですが是非講習会にて・・・さて、実際の歩行が綺麗になるということは我々が日常行っている歩行分析では表現しきれないものがあります。いわゆる優雅であるとか軽やかという表現でしか表記できないもので、参加者ともなんども表現できないね~という感じでした。本当に綺麗に歩くということはなんらかの巧みな動きや滑らかさ・などを全体的にみているんだと思いますが、今回に限って言えば本当に優雅な歩きを実感できた機会となりました。今までは、和風・洋風の歩行形態をマスターするべきトレーニングをしてきましたが、動作課題をマスターするという目的の達成はできていきてはいましたが、綺麗という表現にはいたりませんでした。つまり、今回のセミナーをするなかで「セレブ」というイメージが湧き上がってきました。そして名づけて運動連鎖アプローチ研究会の提唱する歩行メソッドを「セレビーウォーキング」と命名しました。本当に女性陣においては優雅で綺麗になるのでびっくりしました。思わず振り返りたくなるような・・そんな感じです。骨盤のアライメントを整えた位置をさらに保持するべき立位歩行につなげると、自らの身体イメージは劇的に変化をします。こんなに反っていいの、こんないお尻を突き出していいの?という感想を述べられます。しかしながら、傍から見るとそれほどでもないというのが実際です。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0