カイロプラクティック~徒手医学~第二回東京勉強会

「カイロプラクティック~徒手医学~第二回東京勉強会」
定員になりましたので締切ました


 11/1に開催しました第一回カイロプラクティック東京勉強会には、カイロプラクターのみならずPT、鍼灸・柔整師など多数の参加者が集い盛況のうちに終えることができました。特にリハビリ関係者にとってカイロプラクティックの先生方と親交を深める機会がありませんでした。医療をとりまく時代背景もあり、同じ患者さまを対象としているセラピストとして確固たる専門性をもって臨床にとりくんでいるプロフェッショナルの立ち振る舞いは本当に刺激をうけたようです。
 第二回としまして、カイロプラクティック徒手医学会の幹部である大藤先生と鈴木先生をお招きして、まずはカイロプラクティックとは何なのか?という導入編としての概論と、鈴木先生自身の臨床において重要なツールである「筋肉の働き」について実技を交えてお話いただく予定です。奮って御参加ください。

日時:12月6日(土曜日)18:00~21:00
場所:きゅりあん4F第一特別講習室 品川区 JR大井町駅前
   ※会場案内には運動連鎖アプローチ研究会となっています。
内容/講師/タイムスケジュール:
 18:00~19:00
 「カイロプラクティック概論」 
  大藤晃義(サレジオ工業高等専門学校教授 工学博士・
        日本カイロプラクティック徒手医学会 副会長)
 19:00~21:00
 「筋肉の働きをどう見るか」
  鈴木明弘(アキヒロカイロプラクティック・日本カイロプラクティック徒手医学 理事)
 21:15~ 懇親会
参加費:※会員3000円  非会員4000円(当日払い)
     ※日本カイロプラクティック徒手医学会会員
定員:28名 定員になり次第〆切ります
申込先:右覧下にあるメールフォームからお申し込みください。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0