自由診療を考える

診療報酬改定の概要がほぼ露になってきたこのごろですが、各病院ではその対応に苦慮されているのではないでしょうか?国は病院から在宅リハビリへと転換していっている途上であり、それにともなってPTが病院に勤めるメリット、特にコスト的には厳しいものとなってきています。混合診療や自由診療という選択肢もでてきており、いよいよ我々も患者さまから実費を戴いて治療する時代がきたともいえます。また、施設基準が撤廃され、運動器疾患・中枢神経疾患など疾患別の点数になり、点数は少ないですが理学療法士以外の従事者においても点数がとれるような法改正になってきています。まーそれでも腐ってもPTだとは思いますけど、機能的に観ていくという観点からは益益遠のいていっている感じですね。各種講習会や研修会では機能的なテーマが大流行だというのに時代はいったいどこへ行っているんでしょうね~在宅・訪問リハビリというのは確かに病院依存型のスタイルからの脱却という点ではセラピスト自身の自省を促すものではありました。どんなに身内でこれがいいんだといいはっていても所詮は世間ではどうでもいいことだったといわざるをえません。変なこだわりやポリシーでみることの功罪を説いているともいえます。行政の変化にともなりい訪問リハビリという現場志向の道筋は病院の狭い箱のなかの我々の扉を開いてくれました。世間とのつながり、もしくは企業的な感覚をおこさせてくれるこの企画に興味をもって新たな居場所をみつけたヒトは沢山いたと思います。入院から在宅へ~何か忘れていますよね~そうです外来リハビリです。
介護予防事業をしているメディカルリハビリが必要な利用者さんたちは沢山います。また、一般健康人とよばれる人たちにも必ず痛みやゆがみがみられますが、その最も世間に影響力のある世代への貢献はほとんどいっていいほどできていません。いずれは、外来リハビリと健康人への還元という時代がくるものと思われます。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0