PI腸骨改善方法

PI腸骨改善方法

IMG_1080.jpg

上の写真は左腸骨がPIである場合のアプローチになります。仙腸関節の変位はどの部位を基準にするかで表現がいかようにも変わってしまいます。たとえば仙骨のうなづき運動、腸骨が後継しても仙骨ベースで考えるとうなづき運動になります。では腸骨が動かないと過程しても、仙骨はneutationするのか?相対的な関係性で変位を表現するので、このあたりはあやふやになっていますが、左右の腸骨は動かないで仙骨だけがうなづくとなると、腰椎の前彎が強くなることで左右の腸骨に仙骨が食い込むようにお辞儀することが考えられます。第5腰椎は腸腰靭帯でしっかりと腸骨と補強されており左右の腸骨から仙骨が均等に前方に変位することは考えにくい。カパンディにおいても恥骨結合が破綻するような骨盤輪そのものがバランスを崩さない限りは、なかなか仙骨が単独で前方に変位することはなさそうです。いずれにせよ、骨盤輪のなかで単独にある骨が変位することはありえません。
さてPI腸骨の仙骨変位に対する脊柱からのアプローチですが、確かにL5と仙骨の連結は強固であり、それゆえに腸腰靭帯のテンションを評価してアプローチすることは多々あります。しかしながら、やはり全体的な連鎖の波及が機能障害に関与しており、部分的なアプローチでは思うような結果が得られにくいようです。L5・S1のアプローチとはほぼ腸腰靭帯の前後のテンションのバランスをとることになりますが、その上に脊柱全体からの回旋に伴う仙骨の起き上がりを促すことがさらに効果を高めます。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0