脊柱~下肢連鎖

脊柱分節と下肢運動の連鎖


脊柱~下肢連鎖

上記写真はSLR様の下肢運動と脊柱分節との連鎖を意識した運動です。一番左は腰椎と股関節、中は胸椎と膝関節、右端は頸椎と足関節のBody workになります。外観からみたら単なる足あげ腹筋の一つになりますが、解説のとおりに腰で股関節を引き込むように、最もわかりやすいのが膝を胸椎レベルで引き込むようにすると、tightなハムストが邪魔をして脚が挙上しないのがスムーズに挙がりやすくなります。力ずくで挙げようとすると、身体のあちこちに力が入ってしまいポーズとしては美しくありません。私自身もそれほど柔らかいわけではありませんが、脊柱の分節を意識して下肢を引き込むようなイメージで運動をするといくらか楽に挙上できるのが実感できます。しかしながら、例えば胸椎が硬いとしますと、膝を体幹に引き込もうとしても引き込むイメージができないのがわかります。つまり脊柱の分節的な動きが獲得できないとイメージが上がってこないということになります。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0