FC2ブログ

運動連鎖アプローチのルーツ

運動連鎖アプローチのルーツ(roots)
運動連鎖アプローチの成り立ちを辿るシリーズが現在進行しています。
運動連鎖道場スキルアップコースⅡとして、私自身が歩んできたルーツである
カイロ、オステオパシー、整体、東洋医学、などです。
ベースは理学療法士だることに変わりはありませんが、理学療法とは何か?その現在地を知るためににも比較検討が必要だということです。なぜなら理学療法には型がないからです。
どういうことかというと、治療としての型はありませんが、いわゆるリハビリとしての型はあるのです。
理学療法にも各種徒手療法や治療法がありますが、整形疾患におけるテクニックは概念であって型ではないのです。
例えば関節に対するモビライゼーションや、ストレッチ、昨今では筋膜などが挙げられますが、このどれもが理学療法の型にはなり得ない、つまりのところ注射や湿布などと同義となるのです。しかしながら注射や湿布は医師の処方箋がなければできないわけで、そういった意味においても医師における分野であり、理学療法特有ではないということです。
ROMや筋力が理学療法にメインではありますが、これは治療の範疇における機能回復といったカテゴリーになります。
ただ筋力やROMは部分であり、部分の改善といったところです。つまりリハビリとは基本的には立って歩いてということですので、部分の破綻による手術などの後療法といった位置付けになります。
後療法としての理学療法ですので、最初からダイレクトアクセスにて見るためのコンセプトではないということです。
そして日本の理学療法はリハビリというニュアンスであり、治療者として育成されていないのです。
つまり海外ではフィジオといえば、徒手療法、マニュアルセラピー、さらには徒手医学、マニュアルメディスンといった教育がされています。つまり徒手を医学という重みにて教育されているか、整体もどきで運用するかということです。
もどきといったのは整体でもないからです。整体は整体の文化があり、伝統があり、教育があります。薫陶があるということです。日本の理学療法における整体は理学療法と前面に出せないので、整体といっているにすぎない。つまり仮のワードとして使用しているだけなのです。本来は理学療法士の専門性とは?という問いには、日本のルーツを知らなければ理学療法そのものは世界的にも認められた存在であることを考えると、今更日本で理学療法とは何か?という問いに対してWCPTの定義をそのまま持ってきても理解されるわけがないのです。
 つまりは日本の本当の整体のルーツを改めて見直し、その原理原則を理学療法のなかにアレンジメントし、取り入れ、引き継いでいくことこそが答えなのです。最初から理学療法ができて50年あまり、十数人という少数から始まった教育において、年数相応に歴史をみていくことは、いささか抵抗があるということです。
 日本古来のものが理学療法教育に入ってこないのは当たり前のことですが、しかしながら母国のないところから開拓して立ち上げていくことの危うさは、我思うゆえに我あり、唯我独尊になってしまいます。ゼロから有史が始まり、少人数で徐々に積み上げてきたからこそ今があるとも言えますが、だからこそ理学療法が何かという問いの答えが混迷していることを自覚するべきです。
 育ちは理学療法で生まれも理学療法ですので、また医学のなかでも後療法といった立場ですので、そこにはマッサージ的な要素が含まれます。
そして、業務として制度の中で適当して点数を算定していくシステムのなかでも作業員でもあるので、本来ダイレクトアクセスに必要な、あらゆる手続きや体制作りがわからないという致命的な遅れがあります。つまり学術のみで生きてきた職能ですので、それは常に自分の興味や自分の好き嫌いが優先されてしまうのです。
特に医療機関のなかで育った理学療法士は、患者が与えられて診断を受けた後に見ているので、その来院までの行程が抜けているのです。医療機関での信頼のもとに来訪しているので、逆に言えば何を言ってもある程度は受け入れてくれる状況なのです。
医療の延長線上の思考ということは診断が不可欠であり、本来はレントゲンや各種検査が不可欠です。非侵襲的という選択肢として理学療法があります。つまり理学療法のみを希望して来院する人は殆どいないということです。治したいという要望にて来院されますが、それは治れば何でもいいわけで理学療法に限らないのです。
受けてみれば良かったということと、医療従事者ということで専門的知識があるため、患者さんとすれば言われたことは、基本は同意するしかありません。このようなあらゆるバイアスがあることで、引っくるめて同意なのです。
マニュアルセラピーはテクニックであり、マニュアルメディスンはトータルコーディネート、集客からリピーター!そして付加価値など全て引っくるめてなのです。
よってそこに正論と論評が際立っていては、単なる自分の感想でしかありません。
その時どう思うか、どう感じているかは移ろうものなので、クライアントからしたらどうでもいいことです。
来院から会計そして予約まで、その手続き一つ一つに意味があり、その一節に理学療法があるということです。
つまりのところ理学療法の徒手療法は、その一節にしか過ぎないわけで、学術としての理論と説明が全面にあり、現実の応用学はまた別物なのです。
ダイレクトアクセスの文化のない日本の理学療法において、あくまでセラピスト本意が優先されてきた結果、セラピスト間での遠慮と忖度が繰り返されてきた結果、理学療法とは何か?という根源的な結論が先送りされてきました。
そして理学療法とは評価が我々の持ち味であるという、曖昧な落としどころに終始してきたのです。
同業の中では言わんとするところはわかります。外部から見たら全く良くわかりません。我々が他の専門職の事情がわからないのと同じで、我々の中で無言の縛りの中にいるのです。
つまりのところいつのまにか我々の中に、類似業種の中では、優位性があることが前提となっており、自らのキャリアや信頼、社会的地位など顧みないで論評する傾向があるのです。
日本のポップミュージックが、メロディアスな聴かせる、こころに響かせる日本語のサビにて海外に打って出ても全く受け入れられないわけで、それは自分が良かれと思ってできる範囲の範疇です。
外の世界の風と空気を積極的に取り入れて、必死に順応する姿を見せ続けることで、後陣から出て行くことのスタンスを自覚して、先ずはロールモデルを示さなければなりません。
つねにもっともっと強くなって、必ず世界に出て行きますー!
そんな気概が求められています。
私がキャリアの中で、理学療法のみならず、カイロプラクティック、整体、歯科分野などに感銘を受けてきた中で、何が理学療法なのか?を考え続けた結果、体制にもたれかかってできる理学療法というキーワードです。
個人事業主や開業するということは、勤務していることの延長線上には無いのです。別キャリアとして考えるべきです。
昔から、武者修行という言葉があるように、井の中の蛙では大海を知れないわけで、自分に何が足りないかを先ず自覚して行くとの作業と、その中で何が自分のカラーなのかを探る過程が必要なのです。
例えばすでに独立することが前提の職業であれば、ロールモデルがたくさん周りにあり、いつのまにか文化を引き継ぐことができます。
そのロールモデルのスタートが、マルチ商法、ネズミ講であったことが、この業界の汚点なのです。そのイメージや流れは簡単には払拭できません。
数年働いて、誰もが感じる倦怠期のような行き詰まりは、即独立に傾く人もいるようです。
ネガティブなところからの自立は、あらゆる準備ができているわけではないので、当然淡い夢物語へと変わります。
世の中にどのような健康産業があって、我々の提供しているものは何なのかを明確に自覚して、治療とまでも言い切れない、だからといって本当に予防に資するコンセプトを持ち合わせているわけでも無い。健康増進における明確なコンテンツもない。またコンテンツを展開する戦略もない。
その中で治療は例えばtrigger pointは注射や、鍼の効果には敵いません。
徒手療法はモビライゼーションは現実的に動かし方であって、対象も限定されており、治療というには手技の理論はあっても治療コンセプトがありません。つまり関節の基本を学んでいるに過ぎません。
AKAはあくまで医師の診療の一つとして発展してきた経緯があり、リハビリの理念に乗せるにはさらなる開発が不可欠です。
海外では相変わらずスラストがメインであり、日本では理学療法士が使うのはタブーです。
一手技を一施術で完結させるだけの論理である日本の理学療法における徒手療法は、それだけでは通用しないということです。
また病院においてはICFが全盛であり、これは別に理学療法というわけではなく、世界的な障害モデルであり、だからといって本来は理学療法は理学療法としての哲学があるべきなのですが、ICF至上主義も行きすぎると理学療法のアイデンティティクライシスにおちいります。
つまり何でも時流に乗ることは大切ですが、哲学さえも移ろうようだと誰もがついてこれなくなります。一斉に交付されても、哲学が変わることはないからです。元はどこから来たんだっけ?ラビリンスですね。
では現状の理学療法において、対外的に競争力のあるスキルを身につけるために必要な要素は何か?
それは距離感ですー距離間ですね。
日本のリハビリにおける患者さんとの距離間は近いと言えます。実際の距離もそうですが、感情としての距離間も近いです。
何かを判断したり決断する時に必要なのは、適度な距離感と物理的なdistanceなのです。
見ていると日本の理学療法士とマッサージの距離感は近しい関係者にあります。
つまりマッサージの系統なのです。
理学療法士の距離感よりも客観的に離れているのが、カイロプラクティックになります。
オステオパシーは実際には国内にほとんどいないので、よくわからないところがあります。
テクニックを用いていることと、本当のオステオパシーのドクターであることは大いに違います。
このカイロプラクティックと理学療法士のdistanceはほぼ同じでも、距離間が違うのが整体になります。姿勢や構えがあり、息吹があります。気を機敏に纏いながら施術を行います。
理学療法士は学術をメインとする志向ですので、構えなどの自らの姿勢ではなく、頭で考えることを重要視します。つまり医者の不養生という諺をもろに引き継いでいます。
医師は手術の上手い先生が、武術の達人のようなオーラがあるわけでもなく、まさに能力といった感じです。パワフル、エネルギーですね。地位、権力などのオーラもあるかもしれません。
インストラクターはさらに物理的にも離れていて、より客観的になります。
distanceの近さは気やエネルギーを感じるためには必須ですが、理学療法の対象はエネルギーではありません。
リズムとテンポを重要視するベースがあるわけでもなく、考えることに比重を置きます。
つまり医学的な知識と、理論的な思考、評価に基づいたアプローチ!このアプローチが診断名からの局所から入っているので、すでにそこが自由度に制限があります。
考えるというのはセラピスト視点であり、実際に考えているのは自らの頭であって、本来は患者の心身におけるリアクションをモニタリングする必要があるのです。
患者目線に立つと、リズムとテンポは必須であり、振る舞いがどのような影響を与えるかといった解明のされ方はしません。あくまで病理だからです。
病院という箱物にもたれかかったバックの力をもとに、気分にてに振る舞える環境とは違い、自らの哲学をもとに型がなければならないのです。
スポンサーサイト

コメント:1

とし
日本の理学療法とは何か?「後療法を中心とし、医師の指示の元、体制にもたれかかってできる理学療法」まさにおっしゃる通りですね。

考えても今後どうなるものでもないような気もします。

他の世界を見ると理学療法の視点、領域が見えてくるのは確かです。
自身もかつてPT以外の施術家に興味が湧き、DVDを見たり、セミナーに参加した時がありました。大場先生のDVDに先生が出ていたのも拝見しました。理学療法にはない魅力もありついその領域に踏み込んで行きたくもなりました。

アメリカではドライニードルは40位の州で理学療法士がドライニードルという名称で鍼治療を許可されているそうです。そして、英国では全国で理学療法士が打てるとのことです。また他国ではPTが町の診療所のような感じで開業され整形外科医と連携している国もあります。

今後も独立したいと思ってくるPTが多くなるような感じがしています。ベースが理学療法で独立している方はごくわずかですし、10年継続している方がいないので何とも言えませんね。

コメントの投稿

トラックバック:0