“2017” 運動連鎖道場in北九州 ブラッシュアップ

“2017” 運動連鎖道場in北九州 ブラッシュアップ
《理学療法の原理原則セミナー》
第一部 ・運動連鎖アプローチ®を用いた臨床推論形成
       ~今後求められる理学療法士像とは?
  第二部 ・理学療法からみた「体幹」
      ・ボディワークからみた「体幹」
      ・トレーナーからみた「体幹」


運動連鎖道場® in 北九州に待望のブラッシュアップセミナーを開催する運びとなりました。昨年は「触診」に重きを置き、「触れる」ことで起こる身体の原理原則を中心に学びました。今年は昨年学んだ「触診」をもとにさらなるブラッシュアップとして、現代に求められる理学療法士をテーマに進めていきます。
 情報氾濫の時代、自分たちは何を選択してどこに進めばいいのか?病院、施設、スポーツ現場等、様々な経験を積まれた山本先生だからこそお伝えできることがあると思います。初めて運動連鎖アプローチ®に触れる方もぜひご参加ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【講師】山本尚司(フィジオ運動連鎖アプローチ協会代表)
理学療法士 鍼灸あん摩マッサージ指圧師 健康運動指導士 セロトニントレーナー ジャイロトニック・ジャイロキネシス認定インストラクター

IMG_1557.jpg
<講師コメント>
現代は身体機能に関わる領域が多岐にわたっており、あらゆる情報がオープンに飛び交う時代となっています。例えばメデイアや雑誌でも、体幹などのエクササイズメソッドは出尽くした感があります。また健康そのものを包括的に見ていこうとする流れも活発であり、また職能分野の開拓なども相まって、理学療法士だからという枠組みは、その人の考える感じ方によって如何様にも変化することができます。パーソナルトレーナー、インストラクター、ボディワーカー、セラピスト、整体師、多くの概念が混在する中で、理学療法士は医療従事者としての責務があります。それは医学という歴史を紡いでいく、繋いでいくことの責務です。そのためにはオープンに公開し、尚且つ社会に理解してもらうためのスタンスが不可欠です。治療家としての矜持と共に、公益的な視野を持ってグローバルリズムの一員として寄与していくスタンスに立てるきっかけにしていきましょう!


【日程】平成29年 9月3日(日)
【時間】9:30〜16:30予定 ※受付9:00〜
【会場】北九州市立門司病院 3階大会議室(http://www.akanekai-moji.com)
   住所:800-0021 北九州市門司区南本町3番1号
   最寄り駅:小森江駅より徒歩5分
  ※注意
当日は休日のため、当院の時間外入口よりお入りください。
昼食は各自準備をお願いします。
  駐車場は当院のコインパーキングをご利用ください。
ヨガマットをお持ちの方はご持参ください。
動きやすい服装のご準備をお願い致します。
【募集人数】20名 
【対象】リハビリ従事者、トレーナー、各種イントラ ボディワーカー 
【参加費】道場卒業生 7,560円(税込)
一般10,800円(税込)※事前振り込み
  
【申込み先】
北九州市立門司病院 西住 諒  zumi8082@gmail.com
① 氏名(ふりがな) ②経験年数 ③職業 ④所属 ⑤運動連鎖道場参加の有無(場所、参加年度)を明記してお申し込みください。

【主催】一般社団法人 フィジオ運動連鎖アプローチ協会(PKAA) 
事務局 薮下享江(やぶしたゆきえ)
アドレスundourensaapproach@gmail.com
※運動連鎖アプローチ®、運動連鎖道場®はPKAAの登録商標です。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0