運動連鎖道場プレセミナーin沖縄

フィジオ運動連鎖アプローチ協会は、臨床現場にて役立つ多様な学びの場を提供しています

運動連鎖道場プレセミナーin沖縄 
「触察による動作分析」
〜身体機能を“読める手”をつくる〜

運動連鎖道場コース

⚫️運動連鎖とは? What is the kinetic chain?
⑴運動学と解剖学をベースとした、部分と全体の関係を評価しながらアプローチする理学療法です。
⑵スポーツ、認知神経科学、東洋医学、カイロプラクティック、各種整体、顎・咬合、ボディワークなど
 の経験をもとに、リハビリ現場に対応できるよう体系化したアプローチです。
⑶ 少人数で集中して学べる運動連鎖を平成19年からスタートしました。
⑷ 6日間半年コースとして本部20道場、全国において多数の開催実績があります。



⚫️誰もが抱く臨床における葛藤と疑問とは?
⑴正常とは何なのか?
⑵個別性とは何なのか?
⑶どこからアプローチすればいいのか?
⑷機能的なゴールをどこにおけばいいのか?


⚫️運動連鎖にて学べる最大のメリットは?
⑴個別性を診る眼
⑵個別性を診る手
⑶個別性の治療計画
⑷例外を見分けられる眼と手

名称未設定



個別性を見るためには評価スキルと、パルペーション(触察)の技術が不可欠です。いかに多くの情報を手から得て、その解釈と臨床につなげていく思考過程がセットになります。

【日時】平成28年10月9日(日) 9:00〜17:00
【会場】 沖縄こどもとおとなの整形外科 http://okinawa-kodomotootona.jp
【募集人数】 20名
【講師】山本尚司(一般社団法人 フィジオ運動連鎖アプローチ協会代表)
【参加費】 8,000円  ※昼食は各自準備下さい
(注意)事前払いになります。振込又はカード払いが可能ですので
    希望のお支払い方法をお知らせください。


【申し込み先】 PKAA事務局 担当 薮下 享江(やぶした ゆきえ)
        undourensaapproach@gmail.com
       氏名(ふりがな)・経験年数・職業・所属を明記してお申し込みください。
     件名に『運動連鎖道場プレセミナーin沖縄』としてください。

・携帯やフリーアドレスの場合、メールがブロックされる場合や迷惑メールになってしまう場合があります。必ずセキュリティーを確認した上でお申込みください。
・申込みから48時間経っても、何も連絡が無い場合は、メールが不着の場合も考えられます。しばらく事務局より連絡が無い場合は、再度申込者よりコンタクトをお願いします。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0