上部平衡系【肩甲骨と姿勢制御】

上部平衡系とは運動連鎖アプローチ®︎における身体機能の原理原則となるべきコンテンツです。肩甲骨の重要性は姿勢制御においても明らかであり、この肩甲骨のアライメントと可動性が抗重力下での立位、歩行に大きく影響を及ぼします。
肩甲骨が単に肩関節と体幹との連結部位に当たるからという理由からだけではなく、平衡機能そのものに関与しているからです。
肩甲骨は水平位を保つための重要な器官になります。
姿勢制御においては頭一上肢一体幹のHAT戦略と骨盤戦略(動的平衡)にわけて説明されています。骨盤戦略は主に立ち直り反応としての姿勢制御であり、動的な平衡とされる意味はバランス反応だからです。決して固めているわけではなく、制御されているのです。主に体幹のインナーマッスルや脊柱の分節的な動きが求められてきます。
かたやHAT戦略は上半身重心を基点とした、どちらかというとバランス反応よりも腹圧などのシステムを活用しての固める姿勢制御となります。いわゆるカウンターウェイトにあたりますね。
ここに本来はパラシュート反応や保護伸展反応などの、さらに多様な姿勢制御機構が導入されていきます。

以下
運動連鎖道場in北九州報告道場生からの
質問内容となります。

 左右重心移動に伴い荷重側肩甲帯は胸郭上で下制せず、運動連鎖の中では挙上する必要があるとのことでしたが、肩甲帯は脊柱のアライメントにより位置が変わってくるという点では、荷重側挙上位をとるということはどのように理解すればよいでしょうか。例えば、HAT戦略などバランス戦略の選択肢が限られているケースでは腰椎が荷重側へ崩れ、胸郭を起こしても相対的に荷重側肩甲骨は対側に比べ下制している場合などは、正常から逸脱しているケースとして腰椎骨盤帯への介入が必要、もしくは逸脱している中で胸郭より上位の戦略の幅を広げていくという捉え方でよろしいでしょうか。

回答
 荷重側の肩甲骨の挙上する必要があるとの見解は、どの場面を想定してかによって変わってきます。私も具体的にどの姿勢制御場面にてコメントしたかよく覚えてないところがありますが、例えば座位にて左右の坐骨へのシフト場面では、肩甲骨を水平位に保持させるという戦略をとった場合、胸郭に対して肩甲骨は挙上位となります。つまり荷重側の胸郭との相対的な位置関係になりますので、脊柱および胸郭が荷重側に側屈する戦略の場合には肩甲骨は下制位となります。ただし戦略のバリエーションは様々であり、組み合わせは自由です。
戦略は骨盤、腰椎、胸椎、各々のパーツの戦略のバリエーションは個別性が高く、それぞれの状態をみてのアプローチを考える必要があります。
相対的な肩甲骨の位置はとても重要な視点であり、水平線に対して下制位であっても胸郭に対しては挙上位となることも考えられます。よって重力線や水平線からみた位置関係と胸郭や脊柱からみた位置関係を分けて考える必要があります。
以上


脳卒中片麻痺の患者においても肩甲骨のコントロールは本当に不可欠だと感じます。
肩甲骨は挙上と下制そして前傾と後傾、さらに上方回旋と下方回旋があり、この操作一つで歩行バランスが変わってきます。つまり肩甲骨を歩行のフェイズに合わせて順方向に誘導するか、それともカウンターとして働かせるかは動態によって可変させていきます。
この肩甲骨の誘導な臨床において検証していくと、肩甲骨そのものの誘導ではなく、肩関節および肩甲骨周りの筋群に感覚入力することでも動きを誘発することができます。
感覚入力から肩甲骨の誘導そして、座位、立位、歩行におけるバランサーとしてのコントロールなど、上部平衡系と言われるだけのことはあると実感する今日この頃でした。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0