運動連鎖アプローチ®in軽井沢 合宿講座

フィジオ運動連鎖アプローチ協会in軽井沢
合宿講座


運動連鎖アプローチの真髄に迫る二日間
                
第一部「自らの身体を創る」「治療に役立つ触診術」
    〜自らの身体のコンディショニングを整え、そして治療効果をあげるために〜

第二部「生活動作のための姿勢制御アプローチ」
〜即時的効果と持続的効果のために〜


 運動連鎖アプローチを合宿にて学びたい!集中学習講座を開催いたします。運動連鎖アプローチ®の真髄は触診技術(パルペーションテクニック)そして臨床思考過程にあります。問診と触診からの情報を統合し解釈することで、有効な治療アプローチ方法に導いていきます。そしてもう一つの課題は治療効果の持続です。即時的な反応はもちろんですが、どのようにして定着させ学習していくかが大きな課題です。これこそがリハビリテーションの専門職としての理学療法の真骨頂となります。また臨床家としての身体作りが必須となります。患者をみている専門家として自らの身体が整っていなければ説得力がない時代となっています。「自分の身体の調子がよくない、あちこちに凝りや痛みがある・・・」「年をとっても自分の身体がもつだろうか?」そんな心配は誰もがあります。それ以上に「患者の変化を見逃さないでキャッチできる身体感覚」そこに運動連鎖アプローチの臨床の真髄があります。

〜今合宿講座で学べること〜
⑴運動連鎖アプローチパルペーションテクニックの原理原則
・反応のあるところからアプローチする
・その機能障害は結果が原因かをはっきりさせる。
・触診による動作分析  
・感覚入力の作用とモニタリング
・触診による動作分析

⑵運動連鎖からみた姿勢制御アプローチ〜運動連鎖からみた即時効果・持続効果〜                 
・運動学習理論:自由度と汎用性
・生活動作からみた姿勢制御とハンドリング
・生活動作場面での評価と考え方
・アクティビティーと運動療法


2015年10月24,25日(土日)
  土曜日:14時〜18時
  日曜日:9時〜15時

JR軽井沢駅から歩いて10〜20分(送迎あり)
募集人数:30名
参加費:13,800円
宿泊費:8,000円(2食付き)
会場:軽井沢友愛山荘(下図)http://yuaikyoukai.com/sanso.html
11787270_710283379105323_1026020071_n.jpg


【問合せ先】 PKAA事務局 担当 薮下 享江(やぶした ゆきえ)
        undourensaapproach@gmail.com
    氏名(ふりがな)・経験年数・職業・所属・を明記。
・件名に『軽井沢合宿講座』としてください。
・携帯やフリーアドレスの場合、メールがブロックされる場合や迷惑メールになってしまう場合があります。必ずセキュリティーを確認した上でお申込みください。
・申込みから48時間経っても何も連絡が無い場合は、メールが不着の場合も考えられます。暫く事務局より連絡が無い場合は、再度申込者よりコンタクトをお願いします。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0