痛みの運動連鎖セミナーpart1定員となりました。

「痛みを理解し効果的な治療に結びつけるために」
  〜生理学・神経生理学・運動連鎖から痛みを解き明かす〜
         part1

満員御礼となりました。多くの皆さまのご応募ありがとうございました。12月27日(日曜日)にもpart2を開催予定としております。まもなくリリースいたしますのでお待ち下さい。

fc2blog_2015052319275584c.jpg

 痛みの正体とはなんなのだろうか?痛いという主観的な訴えは、果たしてその部位に病理はあるのだろうか?実際に臨床にて直面するお題である。
 昨今、痛みの研究は飛躍的に進歩している分野であり、PT学会などでの関心たるや、会場から溢れんばかりの熱気をみても明らかである。目の前の患者の痛みをどうしたら治せるのか?その苦悩と渇望は療法士を、さらなる臨床の高みに突き動かす原動力となっている。
 解決の手がかりはどこにあるのか?臨床・研究・社会学的な側面まで、あらゆる専門分野からの解釈を理解する必要がある。今回、運動連鎖アプローチによる痛みの治療方法についてレクチャーするとともに、生理学・神経生理学からの最新知見をあますことなく披露する場を設けた。一度に運動連鎖アプローチ・神経生理学・生理学の醍醐味を味わえる!集った全ての参加者で、明日からの臨床に役立つ提言を作り上げていく!そんな仕掛けを考えている。痛みに対する実践的な思考を、是非身につけ持ち帰っていただきたい。記念すべき第一回!企画委員一同お待ちしています。

日時:平成27年8月30日(日) 10:00〜16:30

会場: 【貸会議室 内海】4F教室
〒101-0061東京都千代田区三崎町3-6-15
JR水道橋駅西口 徒歩5分(東京ドーム最寄駅)
【交通アクセス】http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html

タイムスケジュール 
9:30〜 受付
10:00〜11:00 「筋痛のメカニズム〜講義〜」
  水村和枝 先生  (中部大学生命健康科学部 理学療法学科 教授)
11:00〜12:00 「筋痛が運動へ与える影響〜講義〜」 
  塩澤伸一郎 先生 (日本リハビリテーション振興会・専門学校社会医学技術学院 教員) 
12:00〜13:00 昼休み
 13:00〜14:20 「慢性疼痛に対するニューロリハビリテーション〜講義〜」
   信迫悟志 先生 (畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 特任助教)
14:30〜15:50 
「疼痛に対する運動連鎖アプローチの基本」
    山本尚司 先生 (一般社団法人フィジオ運動連鎖アプローチ協会代表)
16:00〜ディスカッション 16:30 閉会 

参加費(税込):10,000円  学生3,000円
定員:72名
【申し込み先】 PKAA事務局 担当 薮下 享江(やぶした ゆきえ)
        undourensaapproach@gmail.com
       氏名(ふりがな)・経験年数・職業・所属・を明記。
 件名に『痛みの運動連鎖セミナーⅠ』としてください。
・携帯やフリーアドレスの場合、メールがブロックされる場合や迷惑メールになってしまう場合があります。必ずセキュリティーを確認した上でお申込みください。
・申込みから48時間経っても、何も連絡が無い場合は、メールが不着の場合も考えられます。しばらく事務局より連絡が無い場合は、再度申込者よりコンタクトをお願いします。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0