FC2ブログ

恵比寿ウォーキングセミナー

貴方にあったウォーキングメソッドセミナー08in恵比寿 報告

恵比寿歩行

さて、昨日まで湯布院にて研修会をして翌日には恵比寿でOLむけにウォーキングセミナーを開催してきました。OLさんの時間にあわせて夜7時からの開催です。場所は恵比寿といって渋谷の隣駅になります。スタジオも音響なども含めてご覧の通りとても素晴らしく、やはり一般対象にむけには形から入らないといけないなと思いましたね。右の写真は終了後に、池上レディースクリニックの榎本先生が声楽を披露していただいた一場面です。
 今までもプランタンやニッセイ丸の内などでOL対象にしたセミナーを開催してきましたが、セラピストではない人たちにともすれば専門的になりがちな内容をわかりやすく伝えることの難しさは実感していましたので、流れとして気をつけたのはとにかくスタジオレッスンというイメージでインストラクターがフィットネスなどでやるようなノリを心がけました。
今回のセミナーは以下のようなコンセプトにて開催しました。
 一日仕事をすると足が疲れる・・痛くなるということはありませんか?
日々のウォーキングでボディーメンテナンスできることは、忙しい日常においてこれほど手軽なエクササイズはありません。しかしながら、一般的なモデル歩きのようなウォーキングは、必ずしも一般大衆に当てはまるわけではありません。
そこで今回提供するコンセプトは、機能的で楽に歩けて、夕方にもうひと頑張りできるような身体づくりを、ウォーキングを通じて学べるようにプログラムしております。
フィジカルセラピ-のコンセプトから生まれたウォーキングメソッドは、その人のウィークポイントを自覚してもらい、個別のプログラムを提供していきます。きっと、自分にあった歩き方を習得していけることでしょう。また、普段はいている靴は必ずしもウォーキングシューズではないはずです。クライアントのニーズに合った、靴を選ばない、ウォーキングテクニックを是非学んでいただきたいと思います。
 
 二時間という短い時間のなかで、終わったあとに爽快感と満足感が不可欠です。それは頭でいいことを聞いてよかったというセラピスト的な満足感ではなく、一日のストレスから心身ともに解き放たれた開放感を味わえることが大切です。和風洋風ウォーキングをテーマにしていましたので、何が和風で洋風なのかをプレゼンし、そして日本人の大半は和風のウォーキングを習得することで、洋風の動きもスムーズにできるようになることを私自身も再認識しました。
 そしてキーワードを身体感覚、バランス、骨盤(腸腰筋)、足
というよ4っつを提示し、機能的な身体なくしては奇麗な歩き方に結びつかないということもコンセプトとして入れました。両手を合掌して深呼吸を繰り返すことで、自らの身体との対話を促し、尚且つ生中感覚を高めます。単純に左右の荷重バランスをセルフで確認する方法を伝授していきました。そしてっ腸腰筋という筋に左右差があることを実感してもらい、この腸腰筋の促通なくしては快適な歩きは習得できないことも実演していきます。また足の接地感覚も普段は意識しませんが、実は左右接地面積が違いアーチの高さも左右差があることを体感してもらいます。
和風pelvic後傾

 そして終わるころには参加者みなさん快適にあるけることを実感してもらえました。そのなかで最も効果的であったエクササイズが上の和風Pelvic tiltです。
 骨盤の後傾を恥骨を前方に出す要領で行います。その時に深呼吸にて腹部を凹ませてstabilityを高めてきます。あとは和服を着ているイメージを高めながら、ウォーキングを繰り返すだけで体幹から四肢へ波及するように筋活動が促通されます。この恥骨を前方に出すタイプの後傾位での歩行そのものが和風ウォーキングであり、和服を着た時に最も合理的な身体運動を引き出すことができるのです。つまり日本人の骨格や機能そのものに合わせて和服ができたということです。
 結果的に和風歩行のあとに普通に歩いてもらうと、ヒールであろうとシューズであろうと快適に歩けることが自覚できるのです。自然に腸腰筋は促通され再度確認すると、座位での自動股関節屈曲角度に最初は左右差があったのが、レッスンが終わった後には左右差がなくなって角度も向上していることが確認できました。あとはとにかくイメージですね。和服を着て歩くイメージを高めていく、それには以前京都の街で観察した歩きかたは本当に参考になっています。京都の女性はバッグを肘にかけるのです。和服では腕を前後に大きく振ることはありません。振袖ですので肘を胸の前でたたむような肢位が多くなるのです。このような和風の姿勢をとると、気持ちまで奥ゆかしくなってきます。姿勢と気持ちというのは本当に関係が深いんですね~逆に洋風の一般的なOLのイメージでの歩行時は奥ゆかしさの気持ちから、挑むような勇気を感じます。日本人としてはやはり和風ですが、現代の若者は男女の気質が逆転してきていると言われている昨今、このイメージは難しいかもしれませんね。
副次的な効果として、セミナー終了後に足が小さくなった気がするとのことでした。おそらく体幹のインナーが促通され足から体幹への連鎖性が改善されたことにより、下肢のミルキングアクションが促されたものと察せられます。
 和風洋風ウォーキングをタイカン・・体感したいという方は是非お声をかけてください。いつでもケータリングしますよ~
スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0