GW企画「自らの身体を通して学ぶ」運動連鎖アプローチ®個別学習セミナーのお知らせ

道場一期生 芹澤 誠(せりざわまこと)プレゼンツ運動連鎖アプローチ®「個別Kobetu」レッスン

フィジオ運動連鎖アプローチ協会では、運動連鎖アプローチ®を系統だった学ぶための道場を開催しており、首都圏だけでなく地方においても開催しています。理論と技術だけでなく、身体感覚を通して自らが学ぶことができることが最大の特長です。つまりものづくりとして対象をどう捏ねるか!ではなく、自らの実体験をもとにより多様性についての認識を高めることにあります。

よく臨床でも感じることがあると思いますが、患者はよくすることができているように思うのに、自分の症状として腰痛一つ治せる気がしない。自分の身体では複雑で治りにくように感じるものの、他人では簡単によくできるように思えています。こういったらなんですが達人と呼ばれる人の治療を受けると、長らく誰からもフィードバックを受けていない、受ける機会がない立場であるがゆえに、実際にはそのさじ加減なりに疑問符がつくことがあります。ただ、何も言えない・・ということだけは確かです。つまりは、その場の楽になった、良くなったというフィードバックを強要するような雰囲気を出してくるのです。

つまりプロトタイムの方法によって法則性を刷り込むということではなく、あくまで多様性を感じるということを旨としているのです。この自由度と多様性は姿勢制御においても必須であり、原理原則なのです。

多様性のなかから法則性を見つけて、そしてそのフォーマットを伝授するという方法は、習う側にとっては系統だって学べるので有難いです。しかしながら、何かを創発していこうとする発想をもって、何かを創り出す能力を引き出すためには、やはり考える機会を作ることなのです。この考える力をつくることで、より自分の色を出せるようになるので、コーボレーションを作るには向かない方法ですね。組織を固めたいのであれば、それが目的であればプロトタイプの方法にてこれをやればよくなる的な方法を押し出すことですね。

自らの身体を運動連鎖アプローチにて解き明かし、そしてそのコントロールがいかに難しいかということを実感することに、臨床における奥深さへの道があるのです。私自身も自分の身体のコントロールに苦労することが多々あります。運動連鎖のオーソリティであるかのように振舞っているにもかかわらず、実際にはあちこちに課題を抱えています。このように自らが健康に、そして自らの身体を通して学ぶことで、自らの身体に置き換えて考える身につけたことは決して忘れません。

私自身が仙腸関節を学ぶ過程において、自らの骨盤の変位を評価し、そしてそのパターンを覚えて、そこから生じる臨床症状を分析して対処方法を覚えていきました。そして自分のパターンから違う変位について他者を評価する際に、一つ一つ派生する枝葉を延ばしていったのです。

今回、このようなコンセプトのもとに、新たな個別にセラピスト自らが自分の身体の、痛みなどの愁訴の改善を通して運動連鎖の考え方を学ぶ機会を設けることとなりました。

プレゼンツ講師:芹澤 誠(理学療法士・鍼灸按摩マッサージ指圧師・運動連鎖道場一期生、海老名鍼灸スポーツマッサージ治療院常勤スタッフ)

期間:4月29日(水曜日)〜5月9日(土曜日)※5月3日(日)除く

受付時間:9時〜17時 ※時間は要相談にのります。
    例)早朝8時に来たい!アフター5に来たい!

個別枠:※10分間の休憩タイム含んでいます
    モーニングタイム
    9:00〜10:30 セッション1
10:30〜12:00 セッション2
    
    アフタヌーンタイム
12:30〜14:00 セッション3
    14:00〜15:30 セッション4
15:30〜17:00 セッション5

個別学習時間:一回80分(60分解説付き評価と治療 20分質問タイム)

料金:7,000円 当日払い

対象:理学療法士・作業療法士・柔整・鍼灸マッサージ指圧師・ボディーワーカー・インストラクター

受付:フィジオ運動連鎖アプローチ協会 運動連鎖アプローチ研究所内 海老名鍼灸スポーツマッサージ治療院
   スタッフ 芹澤 誠 
予約電話 046-240-8743
📩 kineticapproach@gmail.com
 希望の日時と何を学びたいか?などの要望をお垣添えください。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0