日本サッカーからみる多様性

Category: トピックス
自分たちのサッカー

 ワールドカップが始まってみなければ世界のトレンドがわからない。わからなかった。といったほうがいいかもしれない。自分たちのサッカーをすれば勝てる!確かにその通りだとワールドカップ迄は思っていました。親善試合にて世界と渡り合えるようになったように思っていた・・・しかしながら考えなければいけなかったのがワールドカップのプレ大会として行われた、コンフェデ杯こそが本来直視しなければいけなかったことが今だからこそわかります。本気の試合でたらればはなく、惜しいも無い。強豪国といわれるチームがベスト4に結果的に残っていますが、そのどれも圧倒的に勝った試合ばかりではなく、むしろ苦戦したりらしくない試合のほうが多いのではないでしょうか?しかしこのらしくない・・という表現は果たして正しいのか?
 らしくもないもなにも、相手の良さを消しあうのが試合というもの。むしろ追い込まれたり相手の戦略にはまったりと、研究され尽くしたなかでの知力を尽くした戦いになります。今迄は日本はそれほど研究もされていなかったのでしょう。しかしながら固定メンバーにて固定の戦略にてストロングポイントは既に限定されている状況です。親善試合では相手は対して研究もしてこないものなのでしょう。むしろ日本はチャレンジ精神にて向かっていける強みがあったものと思われます。しかしながらグループステージとなると、戦略が必要になってきます、単発の試合にて、自分らしくチャレンジするというメンタリティとは明らかに違う世界になってきます。初戦の硬さはどこでも誰でも同じですが、守りに不安を抱えてのワールドカップ入り、緊張したなかで初戦は守りから入るという戦略は不安です。それまでの親善試合も全て最初に失点をして逆転勝ち。しかしながら最初に失点をしては、ワールド杯では、その先に逆転できるとは限らない・・・そんなコメントが良く聞かれました。しかしながら見ている側としては逆転して勝ったということで、失点は見えなくなります。選手選考もどちらかというと攻めを貫くということで選考されました。高さや守りのボランチではなくドリブラーを選考しているあたりも、自分たちのサッカーをみせようということだったのでしょう。しかしながら、W杯をみているとバリエーションと戦略の自由度がいかに大切かを見せつけられます。ポゼッションサッカーでは常にボールを支配するので、確かに変えること無く自分たちのサッカーをすればいいということになるのでしょうが、スペインが早々に敗退したことからも、そしてイタリアもそのトレンドの流れを汲んでいたとは思いますが、意外にもグループで敗退。ドイツもポゼッションもありますが、速攻もさらにあらゆる戦術とシステムを可変させて対応していきます。この自由度は日本には確かにないです。左サイドから攻めて本田に預けてというパターン化をここ3年間繰り返してきました。ザックはこの3年間メンバーを固定してワインのように熟成させてきた・・・と言っていました。
 選手の意見を聞いて、本当にフラットの関係で愛情をもってファミリーを形成してきました。そこには選手の意見や時には熱くディスカッションすることも厭わないスタンス。確かに選手の意見がどんどん大きくなって戦術や選考にも影響を及ぼしていたことでしょう。確かにザックは自分が選んで自分が指揮をすると・・あくまで自分が考えた上での決断ということも強調しています。
 負けたことで何故負けたかという検証がされます。勝っているときには当然されません。日本は比較的勝っていることが多かったので、ほとんど検証されてきませんでした。話題としては選手選考でJの選手がさっぱり使われない・・・日本の選手がヨーロッッパのビッグチームlに入って活躍するようになった。そんな話題ばかりでした。
 numberなどを読んでいると、そこには表からはわからなかった内情も少し垣間見えます。つまり選手の固定ということの弊害は、何故に先発が外されたのか、何故に選考を外されたのか、そのいちいち納得のいく理由を欲しがるようになったしまうということです。J2落ちで尚且つ外から見ていても明らかに劣化してきているパフォーマンスを見せていることを、本人は理解できていないふうにあります。例えば遠藤選手はW杯グループリーグでは初戦と2戦目は後半から、そして3戦目は一度も出番はありませんでした。ザックはこのグループリーグの3戦にて本当にドラスティックに変えようと、かなりのパラダイムシフトをもって対応しようとしました。しかしながらグループリーグの3戦にて試して試行錯誤するには、あまりにも遅すぎたということです。まず選手がそんなことを一度もやっていなければ、当然戸惑うということです。戸惑うだけでなく練習していないのでできないのです。文化としてパワープレイがない日本という認識をもっていたザックが、最終的にはパワープレイをもってきたことによる気持ちはわかります。きっと誰を前線にいれても打開できないようなそんなお粗末な流れだったからで、さすがにザックも吉田を上げるというびっくりの戦略をとったのでしょう。しかしながらターゲットが1人ではどうしようもありません。新鮮で外から観察していて、フレッシュな選手が入らなければ話になりません。今迄は前線にマイクや豊田がいても、ターゲットにボールを出すことはしませんでした。
 おそらく本田、長友、岡崎というトリオにてパスで切り崩していく・・・そんなイメージがあったことも確かでしょう。日本でビッグクラブブームがおきた初めての現象。経験なないので浮かれてしまったのかもしれません。他国の先発や控えをみても、そんな名門のチーム所属がうじゃうじゃいます。当たり前・・・よく考えたら日本はJ2の選手や海外でも1.5軍の選手が主力。これは確かにまともにいったら勝負にならないのは当たり前だったのかもしれません。1年前であったなら結果は違ったでしょう。今期は固定メンバーであることの弊害がでてきだしたのです。2戦目に香川選手が外されると、本人だけでなく皆がえっとなったようです。つまり固定メンバーは外されたことによる、理解と納得が全くできないということなのです。遠藤選手は先発で出ればもっと何かを出来たようなコメントをしています。しかしながら途中からでも、あの動きでは・・・本田選手もメンタリティのことを言っていますが、自分のプレーについては何も言いません。1得点1アシストですが、その他がひどかった。本田選手と心中のような形をとった日本ですが、強豪国であっても主力の交代というのは当たり前のようにあります。むしろ先発を外れたり、変えられたりすることで、いちいち納得しないというようなことではなく、自然にその状況を受け入れられるトレーニングが必要なのです。ザックはとても日本にとけこみ、そして選手にも信頼をおいていました。問題は常に海外組の一部が特権階級のような扱いを受けていたということ。
ビッグクラブの主力が集まっている国は、沢山あることもW杯でわかります。スタメンは所属も紹介されるのすが、そればかりか控えが出てきてもそんな有名クラブの選手が控え!ということも珍しくありません。いや、メンバーに選ばれていない選手であっても、ビッグクラブです。日本ならカカーは絶対呼ばれるでしょう。ファンペルシーだろうが、打開するために途中交代するしスタメンじゃない時もあります。日本だと主力のスタメン落ちは怪我でもない限りは行われません。香川の2戦目のギリシャとの試合はスタメン落ちしましたが、かなりチームも選手もビックリしたかのような記事が見られます。それも、今までにそのようなケースを何度か試合でできていればいいのでしょうが、W杯にて始めて経験する采配のため戸惑ってしまう。つまりある試合をきっかけに変わること、変わらなければならない契機があるものですが、それがW杯本番にバタバタと試すことになったのです。
最善を尽くす!勝つために!コートジボワールもドログバをスタメン落ちさせ、途中出場にて結果を残しました。そのこともザックにはあるはずなので、香川をスーパーサブにて打開を期待したのでしょう。しかし、その香川は途中出てきても全く違いを、作り出すことは出来ないて消えていました。
ザックジャパンは途中出てきた選手が、何も打開出来ないということを延々と繰り返してきました。大久保が直前に呼ばれ、スーパーサブにて結果を残して、これが始めてといってもいい程です。
今回、不動の選手が不動のポジションにて、わかりやすい役割をしているチームは軒並み結果が振るいませんでした。ジェラードのいるイングランド、クリロナ中心のポルトガル、まさかはピルロのいるイタリア…メッシのいるアルゼンチンも分かり易いチームですが残ってますね。それは、ディマリアのように縦横無尽に走り回る選手がいてこそでしょうね。臨機応変、速攻も遅攻もで来て、相手のペースの時には焦らして、リズムを作らせない…アルゼンチンの試合を見ていると試合巧者ぶりが見られます。でも、確かに勝ってますが、ものすごく強いという印象や面白いサッカーではありません。一点とったら、後は如何に相手の取りにくる心理を逆手にとって、焦らせるか!日本は全力で攻めていく、そんな面白い感動的な展開がサポーターからも望まれています。たた勝てばいいというものではない…それは南アフリカでの教訓と言いますか、弱者の観点からのアンカーを置いたり、ファイブバックにしたりということからの脱却という気持ちもありました。しかし、ドイツはラームがアンカーに入っている時もあります。オランダやコスタリアはファイブバックで、一気加勢に縦へのポゼッションを展開します。気候の問題もかなりあるようで、高温多湿の中での長丁場、出来るだけ効率良く点数をとっていくことも必要です。ドイツは事前の調査で、南米独特の気候において、ポゼッションだけでは勝てないということをリサーチしていたとあります。自分たちのサッカーではなく、相手によって、気候によって、展開によって、流れによってカメレオンのように変えていく戦術変更。あらゆるオプションを有していること、フォーメーションも選手の入れ替えも。ザックは選手への信頼と心遣いが素晴らしい、本田には絶対的な信頼のもとに、時に打開が必要な時に新しい選手を前に入れるのではなく、本田をトップにローテーションさせてという戦術を何回かとっています。ギリシャ戦でも確かそうです。長友を上げることもあります。香川、岡崎と本田を残して、ワントップを後ろの選手と変えてという戦術です。しかしこれは自分たちでとらなければならないという疲れもある中での重圧、新鮮な選手が助けてくれるわけではないというのはキツイでしょう。コロンビア戦では、岡崎がワントップ、ドイツではワントップにて結果を残していて絶好調でしたからね。思い切って招集した時に、オプションとして試しておいてもよかったですね。コロンビア戦では一点取りましたが、時すでに遅し…それまでは、調子を落としていると言われてしまってました。固定メンバーにて熟成させたのかもしれませんが、それは本田や香川の調子や、遠藤の劣化や長谷部、内田の怪我、吉田のチームでの出場機会の激減、今野もチームではバフォーマンスが低下、などなど…如何にチームワークとはいえ、これでは流石に互角に戦うのは難しかったと言えます。適材適所にて、選手の調子によって新たにフィットさせ、選手もその変化を受け得れて気持ちも戦術も、ピッチでの振る舞いも適応させる能力がなければなりません。W杯では当たる前のように研究され尽くされるという経験をしたということです。もちろん日本も研究していたはずですが、自分たちのサッカーという呪縛、何時ものようにという呪文、そしてコンフェデ杯のイタリア戦のようなという過去への留まり、善戦しても勝たなければならないという厳しさをW杯では感じます。120分フルタイムで戦い、そしてPK戦をも視野に入れておく。コスタリカは負けなかった!賞賛だと思います。しかし、例えPK戦だとしても負ければ強豪国は非難を受けます。南アフリカにてパラグアイ戦にてPK負けしたのは、ある意味必然だったのでは?と思ってしまいます。またそのPK戦で負けたということよりも、16強に残ったということに賞賛がすり替わっていることも問題なのでしょう。
またその後に次はベスト4だ、最低8だと、さらに優勝を目標にというような論調にて、我々の頭も冷静にもの事を直視することが出来なくなっていたのかもしれません。あげくのはてに、ギリシャには確実に勝てるという前提にて話を進め、楽な組み合わせに入ったと思われていたぐらいです。しかしながらハメスロドリゲス!コロンビアの強さはなんなんですか!
またも初戦の2分間の2失点が全てだったと、根本的な問題から目を背けるスタンスが横行しています。特に選手の自覚がそれですから、見えてないですよね。我々はもっとできていた!力はある!こんなものじゃない!という幻想です。おそらくクリロナが日本にいたら、間違いなく安心しきった空気が充満していたでしょう。そのポルトガルはグループステージ敗退です。コートジボワールの2分間は、ドイツでのオーストラリアでの10分あまりで3失点と同じことを繰り返したのです。あれが無ければでなくて、まだ治っていないのです。ドログバ一人出て来てやられる、コロンビア戦でもハメスロドリゲスが出て来てあっとい間に持って行かれる。変わっていないのです。何も。
我々のサッカーを見せるというその気持ちは、昨年ならば通用したと思いますが、コンディションが上がっていない選手をリハビリさせる場としていたのでは、不安をかき消す呪文であり、本当に力のあるチームには勝てないでしょう。
やられたらどうしよう…という不安が消極的となり、守りに入る。先取点を取ったことで守りに入った…では先取点をとらない方がよかった?10人になってかえってやりにくくなった…では九人になれば勝てた?想定外には対処出来ない。
たらればが常について回り、グループリーグ最下位であることの自覚がない。強国として乗り込んでしまい、そしてその論拠のない自信が仇となった。

本田選手が言いたいことを言う・・・おとなしい日本に時として刺激をいれてもらうことは大切です。2年前ぐらいであれば、ミランに移る前であれば、スパイスとして効くが、足元を見るということが共有できていなかった。本田選手のいう世界一を目指すと思うのは、個人のレベルに留めるべきであり、周りを煽っていては熱に差がつく。ベスト4までの戦いを見て、まさに薄氷を踏むような戦いの連続であり、相手の良さを潰し合う試合も多い。親善試合であろうと全力で戦う日本と、強豪国の公式戦での半端なさ。南アフリカW杯のように、直前で戦術変更して臨むのは、ある意味正しかったのだ。通用したことと、その下地に攻めを付け加えるべきだったのだ。
そして大久保選手のように、明らかに個性のある選手はザックジャパン始まって以来。それも直前で…。クロスの入れ方が、長友も内田も一辺倒。と指摘したことは間違っていない。しかしながらヨーロッパにて活躍しているものだから、だれも言えない。代表に来たらさらにスキルアップできるような、そんな厳しさが不可欠だろう。国内組と海外組というだけで、特別扱いするのは良くない。それもまだまだ日本は経験のなさが災いしている。海外組が増えたからといって、他国のメンバーの所属クラブの燦然たること。与えられた仕事を全力で勤勉にやることはできても、ずる賢く相手の意を外したり、間を崩すのは民族性もさることながら技術が必要なのだろう。勤勉さと全力さは、試合の流れによって変えることが出来ない一辺倒へと陥ってしまった。それが自分たちのサッカーという呪文の魔力だったのだ。延々と自分たちの良さを出し続けて勝てる試合などは、そう多くはないことを南米では教えてくれる。そう、南米で開催しているので、南米の風土が南米スタイルに流れがいくのだろう。そこにポゼッションサッカーではない、臨機応変さが不可欠であり、この南米でも自分たちの良さを根底としながら、南米W杯スタイルのオプションを用意して臨んでいるドイツは強いのだろう。
総括としてはスタメン固定組が、スタメンや選考で落とされるその理由をいちいち求めたがる、明らかに自覚していない、その風潮こそが一番の問題です。先発を固定することの、そして途中から入る選手の活かし方をチームが知らないこと…教えてこなかったこと、1選手の判断が過剰に入ってしまうこと、それが対外的にも出てしまうこと、試合毎に日替わりヒーローが出てこない土壌、固定された既存の選手のみでの上積み…次回はロシアという土地でどのようなサッカーになるかを想像できていち早く準備して、新たに示すことができた国が勝ち残っていくのだろう。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0