成長とは?

Category: 多事総論
社会貢献とは!

自らが成長すること!そのこと以上の貢献はありません。

目の前の課題に業務に追われてしまって、ルーチン業務をこなすだけになっていないか?

サボっているわけでなくても、しっかりと業務を遂行していても、いつの間にか慣れとオートマティカルな状態に陥っていることがあります。

伸びるためには当たり前のことですが、次の課題にいかにベストパフォーマンスにて臨むか!です。
心身ともに最高の準備をするという、スポーツ選手と同じことです。

既に積み上げた実績にて、仕事や話が進みやすいことはあっても、それは成果の上がった実績を上げた直後のみ。

いつまでも過去の栄光にすがっていては、すぐに腐敗の温床となるのです。

勝っても優勝しても、それに浸るのは一瞬であるはずです。直ぐに新たに動き出さなければ、人間は不安になるものです。守りに入る…入ってしまうのです。そして周りが信用できなくなる疑心暗鬼!

先駆者の苦労はそれはそれは大変でしょう。実は後に続くものは、あっという間に追いついてくるものなのです。

追いつけないほどになること!
それがレジェンド!です。

2年や3年にて到達できるレベルではありません。

ハリボテのカリスマは臆病で怖がりで不安で!それがさらなる高みを目指す力になるか?それとも逆の閉鎖的な裸の大将になるか?

何を企画して発信するか!
その着眼点と行動力は大切ですが、ようは緊張感をもってやり続けられるか?クオリティを、維持し続けられるか?
それが、大変なのです。
興味のあることと、トレンドに振り回されること!これは私も多いに反省すべきところです。とにかく飽きやすい❗️
継続に勝るものはない!これは本当に実感します。課題ですね…課題。

これこら大きく成長できるかどうかは自分次第です。実績や立場は関係ありません。そんなものにすがっていては、腐るのみです。

ベストパフォーマンスを出すための準備と、そして振り返りを怠らない。
そして積み上げて行く!

どうやったらベストパフォーマンスが出せるかを考え続ける!

そして教えを請う!聴く!
下手に遠慮しない!
協調のため波風立てないという同調はよくあることです。ゴリゴリと脇目も振らず突き進むことの対として、周りが見えている、大人としての条件に思われがちですが、果たしてそうなのかな?

自分のルーツを考えると、小学校時代の生まれたままの自分の本性から、ずいぶん世間に妥協したなと今更ながら気がつきます。

遠慮してきた期間が、長らく続いてきて、ようやく自分の本質を元に突き進まなければ後悔することを知ります。

ということで、お人好しなところも自分ですが、それが前面にでることで、かえって自分でない自分を演じることの道化はやめようと思います。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0