心を病む人の権利と実現

NPO日本障害者協議会 連続講座partⅡ



2014年2月26日18:30~20:30 全水道会館
講師;精神科医 立教大学教授 香山リカ先生 

M・フーコー「狂気の歴史」(1961)により
フーコーによると中世・ルネッサンスまではヨーロッパ社会は狂気にたいして寛容で、精神障害者の多くは一般社会におり、狂気は分野その他の文化現象の中に自由に姿をあらわしていた。
古典主義時代:ところが17世紀中頃、全ヨーロッパ的な希望で大激変がおきた。つかり各地に大規模な収容所が建設され、強靭と乞食や犯罪者、困窮した老人、などと一緒に隔離されてしまった。

これによって狂人は、自分の言葉で語ることを許されなくなり、沈黙を強いられてしまった。このことにより狂人と罪とが結びつくことになってしまった。フロイトもこの偏見を払拭することができず、この結びつきは現代人の心の中にもまだ残っている。

18世紀末から19世紀初頭にかけて第二の大きな変化がおきた。監禁制度による批判が高まり、医学的な意味をもった精神病院が成立することになった。
ビネルはパリのサルペトリエール病院で患者たちを鎖から解いた「人道的」医師として歴史的に有名です。

しかしながら、フーコーはピネルも偽善的な改革者にすぎず、狂人たちはたとえ鎖から解かれても、別の見えない道徳的な医療という鎖によってつながれただけでないか?

19世紀の精神医学はこうした排除・監禁された狂気をひきついでいる、とフーコーは批判するのである。

ヨーロッパでは精神科の人たちは、犯罪者なども入る収容所に入れられていた。
医療の対象になることが100%いいことなのか?
そのような提言がされている。

明治の初期まで精神病の治療という考え方は無かった。
神懸かりとして大切にされていたときもあった。
加持祈祷にて手当をしていた。
医学の範囲だとは思われていなかった。

問題があまりにもあると
江戸時代は座敷牢に閉じ込められていた。

明治8年になって京都に効率の精神科病院が設立されたが、慢性的に不足の状況が続いた。

私宅監置:日本はかつて精神障害者に対して自宅の一室や物置小屋を作り精神障害者を監置された。これが近年まで1950年まで運用されていた。
1950年に精神衛生法施行にて禁止された。

そういうなかで宇都宮病院事件がおきた。1984年、病院内での看護師による患者に対する暴力事件。この事件をうけて、日本精神神経学会評議委員会が「精神障害者の人権擁護のために」という見解を示した。
このことは、宇都宮病院だけの問題だけでなく、実がこの体質は精神医療者にもそういった思いが根底にあったのではないか?という反省がわき起こってきた。安全な社会という前提において、少しでも枠からはじかれる人たちを、しかたないんだ!みんなも同意してくれる!という気持ちにて精神障害者の人権をないがしろにしていたのではないか?

こうした宇都宮病院の存在は決して偶然ではない。

1993年 精神が分裂する病気というのは、あまりにも人格否定的であった。全国精神障害者家族会連合会が日本精神神経学会にその変更を要望したのが契機となった。

昔はうつ病ということさえも表にだせない、タブーであったが、現代はうつ病そのものは社会的に認知され診断名としてつけることそのものが当たり前になっている。

2002年1月 家族会が要望してから10年という年月を経たが、統合失調症への呼称に決まった経緯があります。実は最初はオイゲンブロイラーさんの名前をとってブロイラー症候群に決まりかけた。しかしながら養鶏業界からクレームがついて、改名を余儀なくされた。最初は統合失調症は広まらないのではという懸念もあったのですが、あっというまに普及したのです。心の病に対するイメージが変わった成果といえます。

しかし、展望は明るくない・・・・

現代の人たちの意識の変化・・・価値観の変化・・・
清潔・便利・安全に対する基準が高くなり、どうせ生きるなら便利で安心と安全を要求するようになっていく。ことさらに問題を洗いざらいに抽出して、全ての問題を解決しようとしてしまうその価値が、少しでも気になること問題のあるものに対して、許せない、認められない、耐えられない、質が同じようなものでなければ安心できない、皆も周りも自分と同じでなければ安心できない心理状態になっている。

うちの近くに作業施設を作ってもらっては困る・・・反対している人たちも人権や差別のない社会については同意しているが、地域の安全を守り、治安が悪くなるという想像・・・

施設コンフリクト:迷惑施設という考え方。反対運動がおきる。

安全といえば何でも許されてしまうような・・・そんな風潮が日本にも露骨になってきている。

安全という基準が同じような見かけ上の人たちがいルコとという基準になっている。少しでも想像できないものは、自分の生活の周りにはないほうがいいという思い。皆、同じような社会に属し、同じ家族構成で同じような均質な人たちがいることで想像できる。そうすれば安心できる。

なにやっているんだろう・・・どんな人だろう・・・わからないこと・・自分と違うライフスタイル、想像できないことによる不安。

想像できないものが地域にあるだけで不安になる人たち。

いろんな人がいるからこそ、多様性による活気のある集団が形成され新しいものが生まれる土壌ができる。

池田小学校事件後に、精神障害者は恐ろしい事件をおこすのではないか!と風評が広まってしまった。
不安や思い込みは客観的なデーターによる説明も入ってこない。

一時期、宇都宮病院事件後におこった、自らの気持ちや姿勢を見つめ直す風が、最近は安全という名の下に、人権を守るというような声、当事者として考えようとする動きがトーンダウンしている・・・

現在の医療現場は、社会的な認識に対する先導的役割としての機能は持ち合わせていないのかもしれない。

これからは病院に来てもらうのではなく、こちらから出向く
アウトリーチ
が新たな取り組みとして期待されています。

ACT(Assertive Community Treatment)思い精神障害を抱えていた人が住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように、様々な職種の専門家から構成されたチームが支援する提供プログラム。「包括型地域生活支援プログラム」とも呼んでいます。

北海道にて「ベテルの家」という取り組みがある。

ACTが目指すリカバリー
1. 障がい者が希望をもつこと
2. 障がい者が自分の病気に自分の意思で取り組む力をつけること
3. 障がい者が自分に責任をもつこと
4. 障がい者が社会の中で意味のある役割に就くこと

実は専門家が助けてくれるわけでなく、力になれるとは限らない。
生きる力を与えられるのは、専門家という自負やこだわりのある自分ではなく、人としての自分であるということを感じました。

当事者や家族による語り・・・
表現する当事者たち・・・若者たち・・・

フーコーのいうに、中世までは、街の中に雑多とごったとあらゆる人たちが混在していた。それが医療という名の枠に、考え方も物理的にも閉鎖的になってしまったのでは・・・。

差別している場合ではなく、皆が大変な時代であるのに助けられたり助けあったりしなければならない。

お上の制度を期待して、政治家やスターやカリスマを待っているだけでは、そこに希望の芽は生まれない時代・・・

当事者や専門性を問わない集まりの中で何かが生まれてくる、素朴な発想と取り組みにこそ、新しい動きがあるのではないかと・・・香山先生は最後に語られました。


スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0