運動連鎖道場プレセミナー

運動連鎖の最新トピックス


いわて運動療法研究会主催にて、運動連鎖道場プレセミナーを開催していただきました。
今回は仙腸関節不安定症になります。
今回はほぼ一日中自らの身体を動かすセミナーとなりました。
仙腸関節を徒手療法の対象ではなく、運動療法によるセルフケアーできるコンセプトへの展開!
そのためには仙腸関節とは何かをもう一度再考する必要があります。

間もなく産業理学療法としての腰痛予防が、本格的に始まることを受けて、理学療法士にも大きなパラダイムシフトが求められます。
つまり、座学ではどうしようもないということです。予防となると特に運動器における予防の実践において、医者の不養生では通用しないということです。

医者は医学的な知見から腰痛について講座をすることに役割があります。
理学療法士は実践して、どうしたら腰痛を予防できるかをレクチャーしなければなりません。
医学的なリハビリテーションではなく、予防だということに違いがあるのです。そして対象者か患者ではなく、健常者だということです。
健常者ということは、同じ立場なのです。自らの腰痛を克服した、予防して実践しているということが前提として求められるということです。

知識の指導はできるけど、自らの腰痛は治せませんでした!これはどう見ても、同じような立場の病院に行くわけでもない、いわゆる半健康者は治らないということを言っているようなものです。

私だったらフィットネスのかっこいいインストラクターが来る方が、運動をやろうとモチベーションが高くなるかもしれません。

つまり腰痛予防においては、転倒予防や介護予防に慣れてしまった理学療法士のモードでは仕方がないということです。

自らと同じ世代の人達を前にした時に、果たして意欲を引き出すことができるでしょうか?エビデンスをベースにした腰痛予防におそらく魅力は出せない可能性ごあります。病院の中にいた理学療法士が、外へ出た時におそらく違う景色を見ることになるでしょう。
巷の健康体操もエビデンスはないが、効果がないとも言い切れない。しかしながら、消費者の意欲を引き出す魅力はあるのです。
多分、理学療法士は適応の職業なので、そのギャップに気がついて大きく舵を切り直すことになるでしょう。

ボディワークに親しんでいる、身体にて実践して見せられるセラピストの活躍なくしては、おそらく新しい我々の提言する腰痛予防を作り出すことは困難です。

スポーツにおいても、昔選手を、していた著名人の方が、明らかに説得力があり、習いたいと思えるはずです。
そして、その講師はできるならメタボリックでない方がいいのではないでしようか?昔の名声があれば、おや?と思いながらも、その経歴に敬意を表して習うでしょう。しかしながら、何ら無名の理学療法士がメタボリックにて現れたら、これはどうでしょう?

人柄や話術にで、切り抜けるしかないですね^ ^

さて、今セミナーでは姿勢制御において、仙腸関節、骨盤輪の機能的な使い方から体験して行きました。

立位より踵への重心移動において、股関節屈曲、足関節背屈の姿勢制御が働きます。その折に、仙腸関節を開くイメージと閉じるイメージでは、どちらが制御しやすいか?また、股関節外旋、内旋位においてどちらが制御しやすいか?さらには上肢の回旋ではどうか?

そして次のステップとして、吸気と呼気ではどうか?
立位にて骨盤輪を開くイメージにてコントロールできるか?

実は骨盤輪の開閉は、太極拳のポーズにてよりクローズアップすることができます。腰を落として、骨盤をやや後傾にすることです、呼吸時に骨盤の開閉を強調した、合目的な姿勢となるです。
間違ってはいけないのは、ある機能をクローズアップした合目的な姿勢が、必ずしも日常生活において使いやすいわけではないということです。

ある機能をクローズアップするということは、全体性の運動連鎖は置いといて、特化したエクササイズにするということであり、あくまで健康に抗重力下にコントロールするための手段にすぎないということです。

つまり、立位、歩行という二足直立において、各部位の機能的なレベルをキープしながら統合された一体感を保つのは並大抵のことではありません。

よって合目的な姿勢によって、各部位を特化してトレーニングすることが不可欠なのです。

太極拳の姿勢にて呼吸による開閉を学習し、そしてさらに立位にてその機能を保てるかをみます。そしてその姿勢制御にて全身の統合をはかります。

全身の統合というのは何かの機能にのみこだわるあまり、他を固めてしまうということです。つまり合目的な肢位は、目的ではなく手段なのです。では目的とはなにか、それは立つということと歩くということ、それがスポーツ選手であればパフォーマンスということになります。
 その統合の一部としてのボディーワークなのです。ボディーワークが目的ではないのです。理学療法士がボディーワークを扱うのであれば、その目的とは健康的で機能的な身体になるのです。

さて太極拳の姿勢からのステップですが、立位をとってさらに深呼吸へとつなぎます。
つまり吸気においてより拡張性のある身体をつくりあげるのです。
一般的に吸気での運動は血圧を上げると言われています。
よってストレッチにおいては呼気にて行うことが推奨されています。しかしながら山で深呼吸するときには吸いますよね。それも両手を目いっぱい開いて背伸びしながら。これがポイントなのです。伸張なくして吸気は容積である胸郭がいっぱいになってしまうため、うっ血がおこってしまい、いわゆる開こうとするものを止めてしまうため血圧が上がってしまいます。しかしながら吸気において容積を拡げてあげれば、せき止めることにはならないためかえって身体の伸張性を高めることになるのです。空気が肺に目いっぱい入っても、胸郭を圧迫することなくスペースを確保できるので、結果的に血液が流入することを妨げないのです。それが深呼吸のメカニズムと心理的な爽快感になるのです。

その深呼吸をより有効に実施するためには仙腸関節の閉鎖力が不可欠なのです。ようは開いた状態するということであり、腰背部への吸気が必要となってきます。身体の前部つまり胸郭の前方部の開きや背伸びでなく、あくまで骨盤と腰背部への拡張によってその姿勢制御作用をうながし、結果的に脊柱の伸張と胸郭の拡張への抵抗運動となることによって、より力強い拡張に結びつけるのです。自らの身体によって、外力ではない身体内の拮抗性をつくることによって、その反作用を引き出すのです。

そのための有効な手段が両手をあわせての前方に拳上させた立位です。両手を前であわせることで、前方部をクローズさせ胸郭の拡張部を背部に移動させることができます。姿勢制御とは正中重力線に対してセンタリングを保つための機能といえます。
 よって動揺したりウエイトがシフトすることによって立ち直り反応や平衡反応がみられます。反応なので反射のようなものであり、決して随意的にすべてをコントロールしているわけではありません。
 その反応を引き出すこと、つまり修正能力を引き出すこと、その修正能力の高さが安定性なのです。
スポンサーサイト

コメント:1

運動連鎖 疑問

白い犬
仙腸関節の動きに何かしらの必要性があって、それに対する
運動で障害をと取り払うのは近年リハ会のなかで着目すべ
きトピックの様に思えます.しかし”開閉”などの動きは能動的
に起こせますでしょうか?動きの中で見られる不随意的なものでしょうか

その開閉自体が人体活動の重要性にどのくらい貢献している
のでしょうか?かりに硬くても動ける人はいるし、先天的に
硬かったり・軟らかい人もいるのではないのでしょうか?

この太極拳の動きで体幹の筋活動はどう変化し、体幹と言う
支持性を得ながら柔軟に形を変化させていく機能を
促せるのでしょうか?

批判でなく純粋な疑問です。

コメントの投稿

トラックバック:0