病の起源 うつ病

Category: トピックス
病の起源 うつ病

 700万円前、アフリカで生まれた人類
世界で3億5000万人以上が苦しんでいるうつ病
日本でも100万人に達しています。
遠い世界の魚やチンパンジーでも、うつ病がおきるとのこと。

天敵から身を守る防衛本能が関係している。
人類がかつて行っていた生活を治療に取り入れる。

うつ病の定義:悲しみや落ち込み、やる気がなくなるような状態が2週間以上続くこと。
うつ病の人の脳画像:脳の委縮。扁桃体の活動が強くなり、恐怖や不安の症状が強くなる。
5億2000万年前:節足動物の時代。この時代に我々の祖先である魚が生まれた。魚には節足動物にはない脳があり、扁桃体が生まれた。危険が迫るとストレスホルモンが分泌され、素早い動きにつながる。
この天敵から逃れるシステムがうつ病と関係している。ストレスホルモンが出続けると、過剰に脳に存在することで脳の神経細胞がダメージを負う。

不安と恐怖⇒扁桃体⇒全身にストレスホルモンが過剰に分泌⇒脳の神経細胞が栄養不足になり縮んでしまう。⇒意欲や行動の低下

扁桃体はもともと敵から逃げるために獲得した機能であるが、皮肉にも自らの脳にダメージを与えている。

魚類5億2000万年前⇒爬虫類3億4000万年前⇒哺乳類2億2000万年前
哺乳類へと進化の過程にて、うつ病の新たな原因が生まれてきた。

うつ病はストレス(不安や恐怖)が起因となり、扁桃体が過剰に反応しストレスホルモンが増加します。
天敵から逃れるための扁桃体が、孤独においてもストレスホルモンが増加することが明らかとなっている。仲間との絆が不可欠な人間やチンパンジーなど、一人では生きていけないということです。

恐怖の記憶:扁桃体と海馬は連動することで、強い結びつきを持っています。扁桃体が、より強い刺激をうけるとき、海馬も一緒に活動が増し、記憶として刻まれるのです。
原始時代、恐怖の記憶として扁桃体と海馬のスステムを働かせることによって、天敵から逃れる術として発達させたのです。
 

言語野の発達:脳の進化によって、人からの伝達、言葉によって同じ体験が想起されるような反応がおきるようになった。つまり、人類の進化とはあらゆるアクセスによって扁桃体が刺激をうけ、うつ病の原因である恐怖と不安を抱え込むことになったのである。

アフリカタンザニア ハッザの人々にはうつ病はない。
うつ病テスト 将来の希望など点数化 2.2点 11点以上がうつ病 アメリカ7.7点 日本8.7点
ハッザの人々との一問一答
・将来への希望を持っていますか?→朝起きたらそれだけで幸せです。
明日の幸せは明日にならないとわからないからね。
・睡眠はとれていますか?→寝床に入ったらすぐに寝れます。寝れなかったことはありません。
・自分に自信を持っていますか?→私は家族にとって価値ある人間ですよ。

キーワード:平等
ハッザの人々:どんなにお腹がすいていても、獲物を独り占めすることはありません。絶対ありません。

義務や規則ではなく、心からそう思うことが大切なのでしょう。

平等と扁桃体の活動(ストレスホルモンの分泌)

 損  扁桃体活動大
 平等 扁桃体活動小
 得  扁桃体活動大

人類はもともと平等というシステム、分け隔てないシステムによって、扁桃体の暴走を防ぎ、うつ病を防いでいたのです。しかしながら、現代においても平等の文化や考え方は世界共通にあるのですが、何故うつ病は減らないのでしょうか?。メソポタミア文明に遡ると、農耕による生産が始まり、あまった作物を備蓄できるようになった。狩猟社会では平等に分け合うことになるが、備蓄は誰かに収益としてもたらされ、格差社会へと突き進んでいった。しかし不思議なのは金銭的に得をしても、扁桃体の活動が高まるということ。いわゆる勝ち組と言われる人たちは、幸せホルモンが充満しているのではないか?と思ってしまうのだが、必ずしもそうではない可能性があるということ。
結局はこの現代社会、必ず何かに比較されてしまうことを考えると、どの立場であったとしても扁桃体は休まることはないのでしょう。

文明社会によって天敵・孤独・記憶・言葉これらのキーワードによってうつ病の発症の原因となっている。

専門職や技能職:うつ病が少ない
営業や非技能職:うつ病の発症が多い。

管理社会、より上司と部下の関係性による力関係が生じやすい環境が問題なのかもしれない。

先行きの不安、人間関係の希薄さ、ねたみ、ひがみ、差別、戦争、運動不足、リストラ、貧富の格差、不況、いじめ、破産、睡眠不足、都市化、肥満、効率化、長時間労働、情報化社会、階級社会、競争、孤独

これらのキーワードが先鋭化する社会において、よりうつ病のリスクが高まることになる。

IT化によって、便利となった反面、情報過多となり脳への刺激、扁桃体が容易に刺激をうけてしまうのだろう。

分け隔ての無い、仲間との生活!人間本来の暮らしを取り入れること。
TLC:生活改善療法:狩猟採取の人達の生活には、うつ病という絶望的な状況が起こらない。
・スタッフとの深い信頼関係
・定期的な運動:脳の神経細胞の再生につながる
・規則正しい生活:ストレスホルモンの分泌を正常化させる効果
社会とのつながりを取り戻し、人との触れ合いを続けることこそが、人間らしい本来の生き方なのです。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0