安定した動きとは?

安定した動きについてスキーからの考察

毎年正月にスキーに行っていたのですが、 年始に二年ぶりにスキーに行ってきました。何故に正月かというと元旦はリフト券が無料になるからです。スノボは一度だけやったことがありますが、全くできずにそれ以来やっていません、ということでミニスキーを専ら楽しんでいます。
 そこで当然どのような身体運動をすればいいかを考えながら滑っていました。
まずスキーの前提は滑る雪原の上にて滑走するという当たり前のことがあります。そして、その滑走のためには、じっと固まっていたのではかえって不安定になります。初心者が全身をこわばらせて、結果的にスピードのコントロールができずに転倒する姿が眼に浮かぶはずです。
 つまりのところ、足底面にCOPが落ちていないとバランスが取れないのが特徴です。まさに重心と足圧中心の攻防というかコントロールこそがスキー競技といえそうです。
 スキーは傾斜を滑る競技になりますので、重心は当然後ろにかかりやすくなります。そして斜面がきつくなればなるほど、スピードが上がり、また視覚的にも恐怖心が出てきます。よって、ますます固まって重心が後方にかかることで、板が身体を置き去りにして滑ってしまいます。結果尻餅をつくことになります。
ここで姿勢制御の観点から考察してみます。

矢状面:一般的には前後の後ろはスキーではありえません。つまり矢状面の背部のエリアのストラテジーは、板と  身体が前後にズレてしまうのです。ただ、この前後のズレを利用して上半身重心にて被せれば、滑らかな上級者パラレルにつながるものと思われます。ただし、重心をつねに動かし続けることが安定の絶対条件となります。

重心の安定とは:ここで面から少し離れて、重心の安定という観点にて論じてみます。直立姿勢において正しい解剖学的肢位がとれていることが安定の条件かと言われると、絶対条件ではありません。必要条件の一つにはなり得ますが、動的な安定性については姿勢はその一条件にすぎないからです。つまり姿勢とは、常に重心のコントロールをし続けることです。これはどういうことかというと、常に揺れ続けていること、そしてその揺れをコントロールすることなのです。重心動揺系を見ても分かる通り、軌跡は常に動いています。つまり、重心点が常に点であることはないのです。スキーやスケートのように、地面が不安定になればその安定のめの重心のコントロールはさらに顕著に巧みになります。滑る地面に対して、動きの大きくなる重心をさらに巧みな姿勢制御にてコントロールするのです。転ばないように止まろうとする意識が、さらに制御を難しくするのです。

前額面の制御
歩行においては前額面の制御は必須となりす。人が人である所以は、まさに前額面の制御にあります。雪原においては斜面になりますので、直立していては重心は後方にかかり、さらに前額面の制御能は発揮されなくなります。そこで股関節の内外転ではなく、股関節内外旋と膝の屈伸にて補う必要があります。さらに足りない分は膝の内外反つまり内外旋にてコントロールすることになります。後ろにかかりすぎては板が体よりも滑ってしまうので、多少なりとも後ろへの余韻を残さなければいけません。よってスキーでは大概、骨盤は後傾気味で、円背になります。肩甲骨が内転していることはなく、むしろプロトラクションされています。基本は足圧重心は基底面のなかに収まることなので、前にかけるための制御つまり、前傾になるべきところですが、そこは雪原、さらにコブがあることで直線には進めません。このコブさえも直進して進もうとするのが、モーグルになります。膝が顎に当たるかと思われるほどにガクガクと屈伸が見られます。あそこま矢状面に頼らないのであれば、やはり前額面に移行することになります。また骨盤後傾では基本は前額面の中臀筋による制御は期待できません。よって回旋や内外反、下腿の傾きにより制御することになります。
ここでもう一つ重要なのは、胸郭と脊柱になります。体幹の安定というよりも、可変性に重点が置かれることになります。体幹が常に同じアライメントでは、おそらく滑れないでしょう。安定ではあるが、固定ではなく巧みなコントロールが重視されるのです。よって屈伸時に脊柱もかなりの関与が必要になります。

まとめますと、重心を常に制御し続ける、つまり動き続けることに真髄があるのです。その、制御は常に正確にというわけにはいきません。エラーが、出た時に如何に立て直すことが出来るかが、大切なのです。外乱やエラーに対する制御能こそが人には必要であり、これがマラソンや駅伝で言われる、速さや上手さではなく、強さということに繋がるのです。

まー私自身初心者に少し毛が生えた程度の腕前ですので、偉そうなことはいえません。上級者コースをガリガリと削りながらでなく、少しばかりターンをできるようになった程度です。また一年間、姿勢制御を、運動連鎖を考えながら邁進していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0