新人

新人の勉強会参加についての質問

(質問)
私も運動連鎖道場に参加してコンセプト・技術を学びたいと強く思っています。卒後1年目のPTが運動連鎖道場に参加することについてどう思いますか?

(コメント)
研修会参加に際して新人であっても、というよりあまり経験年数は関係ありませんよ。というのは病院という組織に勤務している以上、経験年数と比例して臨床に没頭できる時間や向上心が上がるわけではないからです。責任も決定権も医学としてのステイタスもまだ確立されていない現状においては、現実のモロモロな障壁に心が折れるというか、妥協せざるをえないところが多々あるからです。むしろ、学校の教員のほうがまだしっかりした理念で邁進できる環境にあるのではないでしょうか!毎年のように繰り返される医療改革と病院の対応、医師や病棟との調整など、事務的な調整が山積しています。決められたことをしっかりとソツなくやり遂げることこそ、現代に望まれる理想のセラピスト像ではないでしょうか?
 若いセラピストは先入観が無いので(全てではありませんが・・)、吸収は早いです。医療業界にいてとんでもない情報は無いと思いますが、最初に信じたものからなかなか脱却できない可能性もはらんでいます。最初の一カ月ぐらいが最も感性を伸ばす重要な時期と考えています。ある程度の経験がなければ腕は上がらない・・・と思われがちですが、経験年数と治療成績は比例しません。単純に良くなるということであれば、一年目のほうが患者さんの評判は良かったように思うことはありませんか?そこには基本となる心が備わっているからです。こて先の技術ではなく治療に臨む心の問題が大きく関わっています。技術や知識はむしろこの心を蝕んでしまうこともあるのです。整体やカイロプラクティックの研修会の参加者は、若い治療家であっても同じように触った感触を共有できます。手とり足とり教えている場面はほとんどありません。このようにしてください、というと皆なんの迷いもなく手が動いています。既に生体を触る基礎ができているからだと思われます。新人でもたまに、とにかく触っているだけである程度良くすることができるセラピストがいます。センスといえばそれまでですが、間違いなく学生のころから治せるセラピストの卵はいます。そのまま感性を伸ばせていければ、すばらしい治療家になるでしょう。しかし病院という組織にいる限りは、多くの意見を取り入れ組織としての規則に沿う必要があります。まず医師の判断や価値観にしばられます。また上司や同僚に同意が得られなければ、なかなか新しいことは始められません。いつの日か、一番その組織で無難な方法でおさまってしまいます。いずれにせよ、どの業界のセラピストであっても能力に差があるとも思えません。むしろ試験があってしっかりとしたカリキュラムを履修しているリハビリ関係者のほうが、よっぽど世間的には優秀といえるでしょう。しかしながら、何故かリハビリ業界では技術の習得は難しいという先入観とコンプレックスに陥っています。学校で習わないから得意になりようがないのです。徒手療法専門学校や運動療法専門学校であれば、何を学ぶかは明確ですから技術も身につくことでしょう。
 リハビリでも、まだ整形のクリニックに勤務しているセラピストは独創的なセラピストが多いですね。一般健康人のカテゴリーに入る整形疾患をみることが多いのが要因でしょう。一般病院での勤務は理論的な知識は多く身に付きますが、比例して技術が上がりにくいという特徴があります。逆に経験とともにリスク管理能力は上がります。つまり、現代のリハビリは良くしないまでも悪くしないということが前提であり、良くするということの目的が明確ではありません。リハビリの目的は?患者さんを良くすることです!!とすぐには出てこないと思います。元来、理念と哲学がブレている日本のリハビリ教育のなかでは、何のために何をする専門家であるかということがハッキリと認識されていないのです。良い例として、オーストラリアやドイツ、アメリカやノルウェーなどの徒手療法やスリングなどは目的な良くすることの何者でもありません。海外から入ってくるものは、理念がはっきりしていますよね。
 ということで、結論は新人でも大丈夫です。ということです。私の知り合いは3年目で開業して成功していますので、経験年数ではなくおかれた環境と覚悟そして期待を裏切らないプロ意識なんだと思いますね。私の場合は期待にこたえるではなくて、期待を裏切らないというのが最近の座右の銘です。
スポンサーサイト

コメント:3

ありがとうございます

YUY
山本先生の意見を聞けてホッとしています。よく『継続は力なり』とは言いますが、常に怠慢と隣り合わせだと考えています。純粋に『治す』事を、プロを意識し、日々の研鑽を継続すればするほど妥協や自らの方向性を信じれなくなる場面が多々あります。理学療法のみに没頭できる時間が少ないのも要因の1つだと思います。もちろん継続のみでは…と思う節も多々あります。『感性』よく芸術家・料理人・アーティスト等に使用されるように、個別的なアプローチを特徴とする理学療法士にとっては重要なものと思います。揺るぎない芯を持ち、開花出来るよう頑張っていきたいと思います。

knt
私はクリニックに勤務してます。いろんな患者さんが来院されます。外傷後の拘縮、交通事故後の頚椎捻挫・腰椎捻挫、頚椎症、肩関節周囲炎、ばりばりの拘縮肩、腰椎椎間板障害、腰椎分離症、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、変形性膝関節症、シンスプリント、AKP、有痛性足部障害、などなど枚挙に暇がありません。運動学的に、解剖学的に理解しやすい病態を示す方もあれば、一向に病態がつかめず、理解に苦しむ方も多々見られます。何やっても好変化が見出せず、患者さんに対して申し訳ない気持ちと無力の自分にいらだちさえ感じる日々です。この仕事何が楽しいって、自分が患者さんの身体に触れたことで体に変化が生じて、患者さんが抱える悩みが解決した時に見せる患者さんの笑顔を見れたときでしょう。ものすごく気分がいいのを知ってるから、そうじゃないときは落胆も大きいと思います。でも何とかしたいという気持ちがあるから解剖書や運動学の書を手にしたり、何処かの勉強会に出席したりします。ためしにやってみて好反応が引き出せた時には、ホント報われた気分で一杯になりますし、今まで苦手にしていた疾患に対して小さな自信を与えてくれます。我々臨床家は患者さんに苦しめられ、患者さんに助けられていると感じます。結果が出せない時は、やっぱり「解ってない」体と思います。何かに気付けた時具体的なアプローチが変わります。そして変化が、結果が出せるようになると思います。確かに経験があるから治療成績が良い訳ではないですが、長年やってるんだからやってる分だけの考察を持って臨床に当たりたいと思います。大きな組織は確かに雑務が増えそうですが、うちみたいな小さな組織は治療に没頭できてよい環境だと思います。逃げ場がない分治療成績が悪いと悲惨な気分になりますが。

hitoha
開業の記事を読んだので投稿しました。開業については非常に関心があります。組織にいれば患者さんにとって自分が本当に必要と思う治療がいろいろな制約のためできないですね。
開業を考える上で、やはり理学療法士の資格のみでは法律上困難ですよね?。やはり整体やカイロなどのなんらかの開業権のある資格を有し協会、団体に所属したほうが良いのでしょうか?
理学療法士の専門性があれば治療や美容、フィットネスなど幅広くニーズにこたえられると思うのですが、なかなか開業している人の情報がないので、今後の参考にしたいのでアドバイスあればお願いします。

コメントの投稿

トラックバック:0