コンパートメント

コンパートメント

腰部のコンパートメントはL1.5高位にて頻発しやすい。sway back姿勢の私は、L1高位に膨隆した背筋が在る。sway backはWPI腸骨を併発しやすい。よって下部腰椎のモビリティ低下を招きやすい。L1ほどではないがコンパートメント機序が存在する。
コンパートメントとは筋間中隔が、密な構造のことをいい、それゆえ疲労するとパンパンに硬く膨張したかのようになる。硬い背筋を想像してもらえばわかるが、重たいものを沢山もったあとの背中の張った感じだと思ってもらっていい。
さて自分の骨盤のアライメントはWPI傾向にあることは薄々わかっていた。ただ、WPIに特有の四股を踏めないということはない。股関節が比較的柔らかいこともあり、その特徴が隠されていたということもある。しかしながら、ダウンドックなどの前屈において、腰部の綺麗な反りが見られない。これは単に下部腰椎の不動性とL1高位のコンパートメントが邪魔をきていることは間違いない。下部腰椎に関しては、爪先接地をアレンジした姿勢制御を応用することでクリアされてきた。しかし、その結果、上部腰椎とのアライメントバランスがとれなくなり、いわゆる過伸展ストレスが下部腰椎にかかってしまい、いわゆる過伸展による不安定性を呈してきた。sway backそのものは、もともとは後方重心であるがゆえに、下部腰椎だけが正しい並びになったところで、上部とのバランスがとれなくなるのだ。ここで、sway backのアライメントのおさらいしておくと、胸腰部は後方に倒れながら屈曲が強くなり、胸椎そのものが後方化することで、ヘッドフォーワードにてバランスを保つことになる。ヘッドフォーワードといっても、頭は重心線の基線上にあるので正常な位置にあるのですが、背骨のカーブからは前後していることになります。
私の中では仙腸関節と下部腰椎との関係性の構築には至ったものの、上部との整合性が課題として残っていたことになります。
ここでの気付きは、腰椎のカーブの構築は腰椎にて決まるのではなく、骨盤の前後の位置関係と脊椎全体の柔軟なアライメントの変化を許して、制御するということになります。出来上がった仙腸関節と下部腰椎を活かすために、骨盤の坐骨を後方に引くようにすると、胸腰椎が自然に伸ばされてきます。その時にコンパートメントの背筋が短縮するのでぶつかる感覚があります。そこで背筋を出来るだけリラックスするようにフィードバックしながら正しい筋緊張に誘導していきます。
その時の私自身の誤った身体感覚として、鳩尾を緩めるということがあります。鳩尾を伸ばすことで姿勢を正しくするのは誤りです。しかしながら、骨盤の誘導にて結果的に胸腰椎が伸長されるのはありです。
鳩尾の緩みとはたるみとは違います。sway backは鳩尾が緩むことで、廃用性の短縮を招きます。適度な緊張とは能動的ではなく、受動的な姿勢制御によってなされることを考えると、むしろ伸びることによりS字カーブは形成されると考えたたほうがよさそうです。大概は全ての脊柱がフラットというよりは、カーブの配分に偏りがあるわけです。ないところを作るのは難しいですが、余ったところを他に回すことは比較的容易です。
腰部コンパートメントの是正に自分なりに取り組んでいる中で、背骨のカーブが変化してきたせいか、後頭部のλ縫合部の圧迫感におそわれました。おそらく頸椎につながる後頭骨の変化によるものだと思われます。いつになく後頭骨に違和感のような圧迫感でしたが、しばらくすると収まったのかなくなりました。なんとなく目や後頸部が軽くなったような感じがあります。
 改めて脊柱のS字カーブの大切さと、意図的にカーブを再構築していくアプローチの必要性を実感できた体験でした。

スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0