ウォーキングテクニックⅣ

股関節を強調した歩行・・上肢帯~体幹の自由度を拘束した歩行
さて、両手の甲を下にして上臀部にのせてください。そこで上肢帯と体幹の自由度をやや拘束したイメージにてツイストして歩いてください。これは股関節の回旋を強調した歩きになります。股関節症の患者さまなどはこの歩行においてなんばになってしまうことが多々あります。また股関節というのは普段からあまり意識にしくい部位であるようで。健常人においてもうまくできない方がいます。是非お試しアレ。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0