「東日本大震災3.11から現在~心のタイムライン~」

Category: 東日本大震災
「東日本大震災3.11から現在~心のタイムライン~」

face to face 東日本大震災リハネットワーク  山本尚司


 3.11.この日は特別な一日となって記憶に刻まれています。何か自分にできることはないか。これほどまでに日本全体が一つの思いとなって結実したのはいつ以来のことでしょうか。あまりにもの甚大な被害に被災者の方々の胸中はいかばかりか計りしれません。多くの問題や課題がある中で、その一つとして心の問題が取り上げられています。この心のケア―については、震災直後より傾聴ボランティアなどの活動が取り上げられており、日常のあらゆる場面にて必要とされていることが認識されつつあります。
 当初は心理カウンセラーや心療内科などに特化した役割であると考えられていたものが、近年のあらゆる知見のなかで、フィジカルからのアプローチも多分に心に影響していることがわかっています。つまり心身一如という概念が科学的にも証明されつつあるということであり、各種ボディーワークが心身に対する効能を謳っています。ヨガにおいても既に多くの実践的な報告がされており、その応用範囲は計りしれません。
震災直後からまもなく一年、私からはface to face 東日本大震災リハビリネットワーク にて実際のリハビリ支援活動を通じて、その経験の中から得られた知見を皆さまと共有できればと思います。被災地や被災者の状況や境遇はその都度変化しています。おそらく地域差や個別差も多分にある中で、一律的に断定することはできません。あくまで私が現地にて感じたことを述べていきたいと思います。今後の皆さまの活動の一助になれば幸いです。

① 被災直後からの激動期
平成23年3月11日~ 東京にもかなりの衝撃がありましたが、東北の甚大なる被害を観るにつけ自分自身がいてもたってもいられない心境であったように思います。この時期のことを思い返すと、むしろ都心部に居住している人たちにおいて一人で家にはいられないという状況を幾度となく耳にしました。何かをしなければいけないが募金ぐらいしかできない自分とのギャップに苦しんでいたともいえます。いてもたってもいられず、3月末に知り合いの伝手を辿り名取市閖上地区の人たちが入っている避難所に行くと、目も当てられないほどに沈んでいると思いきや、私の眼にはとても元気に見えたのが印象的です。そんな筈はないと思いつつ接する中でかえって自分が元気を貰っていることに気付かされます。よく芸能人が慰問してあえって勇気や元気を貰ったとコメントしているのを少なからず聞きましたが、これは実感として事実です。
現在、その時の心境や境遇を聞くと、とにかく無我夢中で振り返る余裕などなかったということです。ハイテンション。とんでもない境遇にいきなり放り込まれたような、かえって生命そのものの力が引き出されたかのような状態です。
方や原発関係で避難してきた方々に関わった同僚に聞くと、被災者のある方は放心状態でとても声をかけられる状態ではなかったと言っていました。
私が関わった中では沿岸部と住宅地では全く違った様相を呈しているということです。また避難所と在宅でも全く違った現状を眼にしました。このような一律的に断定できない、あらゆる要因が複雑に絡み合っているのが現実と言えます。

② 避難所特有の状況
社会的弱者という言葉ありますが、避難所においてもその序列制によって我慢するという状況がみられます。つまり高齢者や子供そして病気を抱えている人、妊婦さんなどがそれにあたります。避難所においても先ずは電車で席を譲るように、お年寄りを優先にして若い方が我慢をするという側面が見られました。本当はいろいろなものを溜めこんでいるにも関わらず、若いのに文句や愚痴を言えないというようなことです。それは子供たちにも見られます。子供たちは避難所や被災地においても落ち込んでいるということはほとんどなく、何処でも遊んで元気です。その子供の無邪気さをみて癒されるといことがあります。しかし反面、尋常ではない状況であることは感じており、大人たちが優先すべきことについては我慢しています。本当は、子供は大人に構ってほしいのだけれども大人は先ずは生活するために必死です。生活が優先になることなどは頭では分かっており、次第に我慢して言わなくなってしまうということがあります。

③ 「~に比べたら」の心理
今震災において誰もが自分を差し置いて、困った人たちのためにとある意味日本中が考える機会となっています。それは震災直後から現在まで変わらない我慢のスパイラルです。欲しいものを我慢する、やりたいことを我慢する。知らず知らずのうちに心身にも溜めこんでいくことになります。被災地は東北三県だけではりません。茨城も長野の栄村も千葉県も青森でも被害はありました。東北三県に比べればその気持ちにより声を挙げることはありません。台風12号の被害においても仮設住宅はあります。また東日本大震災の前にはNZの地震にて日本人の犠牲者が出ました。九州では火山灰の影響が冷めやらぬうちでの大震災でした。全く集束はしていません。東京でも身近な人たちで精神的に不安定になった人たちは少なくありません。現代もその「~に比べれば」の心理が働いています。現実には解決していなくても自らの心の落とし所として納得させているのです。このような心理状態において身体の解放感はありません。じっと籠っているかのように、身体は固くそして心も閉じこもってきます。このような場合、心理的には変わりようがない状況ですが、何よりも身体を動かすことで心理的な波及から守ることができます。

④ 「~たら~れば」の心理
約1年が経とうとしてる今、復旧から復興に向けた動きが加速しています。しかし現地にいる人にとっては目に見えて変わっていく様が見えなければ、明日への希望や勇気につながりません。気持が切れること・・まさに今の時期最も危惧されることは気持の部分です。勿論、経済や雇用の問題が具体的に解決しなければ何にもならないという現状もあります。きれいごとではなく、働き盛りの人たちにとって雇用という安定した生活の基盤となる仕事が無ければ全ては気休めに過ぎないということになります。また、私が関わっている場所では「つい家さえあれば・・・さえなければ」「命があるだけでも有難い」ということは頭では分かっているものの現実的には、生活の何かが突然失われてもそれは痛手になるのです。震災直後とは違い、生きることから生活することへステージは明らかにシフトしており、その生活を形作っていた全てのアイテムは、一人一人が長年積み重ねてきた歴史とこだわりの結果なのです。今回の震災は生活や文化そしてコミュニティの全てが根こそぎ持っていかれたのです。隣人のとの人間関係、毎朝の風景や空気など、その全てがある日を境に変わってしまった。よって一人一人にとっては命や家や仕事だけではなく、日常の何かが失われたことがじわじわと響いてきているのです。「こんなことは、些細なことなのでとても言えない」大切にしていたCD一つが失われても、実は誰にも言えずに持ちつつけていることがあるのです。

⑤ 原発被害の特殊性
地震・津波・原発・風評被害・差別と4重苦とも5重苦ともいわれる、福島原発による被害。この地域の特殊性はまた宮城や岩手とも違います。私は4月の中旬に原発23キロ地点にある南相馬市にボランティアで入りましたが、ゴーストタウンと化していました。震災直後から放射能の影響により、全ての支援物資がUターンしていくような状況であり、まさに絶望の淵にありました。津波や地震で倒壊したり亡くなったわけではなく、全く目に見えない恐怖と現実により、被災者にとっては理不尽この上ない心境となります。政府やボランティアの手も及ばない、見捨てられた状態です。人間にとってライフラインが復旧していないことや、物が入ってこないことが一番の問題ではなく、その先に直ぐに支援の手が向かっている、常に見ていてくれるという事実があれば希望が持てるのです。4月の時点で三月末からオープン再開したパン屋さんに入ってお話を聞くとい、「ただ悔しくてね」怒りとも嘆きとも言えない感情がそこには籠っていました。意地で再開している。そんな気持ちさえ伝わってきました。テレビでもメディアでも、震災後3カ月ぐらいはテレビに映ってもじっと黙って耐えているような姿がよく見られました。気持のぶつけどころがないのです。国民からも風評被害にて差別されている。そんな気持ちがあったのでしょう。当時は福島ナンバーの車しか南相馬には走っていませんでした。逆言えば他県では福島ナンバーはあまり目にしない。好奇の目で見られた、それに耐えられない、避けたいという心理が働いていたものと思われます。現在は報道も多くなりようやく人も少しずつ入ってくるようになっていますが、当時の本当の絶望や自暴自棄を経た記憶は拭えません。また転々として避難生活、保障の問題、情報や説明が不十分など怒りが渦巻いていることもあります。

⑥ 頑張らなくていい
「震災直後は頑張らなくていいから」と盛んに心のケア―などで言われました。打ちひしがれている中で既に十分頑張っているからという理由があるようです。そしていつのころか頑張らなくていいという言葉は聞かれなくなりました。この辺りの時期的な問題や、言葉の適切さなどは検証の余地があり、どのような基準で使い分けていくかは答えがでていないというのが正直なところです。方や当初より「がんばっぺ」というスローガンがいたるところで見ることができます。「ふんばろう」「立ち上がれ」類似した言葉も多くみられます。立場や境遇によって様々ですが最終的には勇気や希望が湧くことが大切であることは間違いありません。この辺りは表現を変えて深刻なイメージではない表現が必要かもしれません。「結局頑張るしかないんだよ」被災地の知人はそう言っていました。最終的にはそういう言葉が被災者自身から出てくることが大切だと思われます。

⑦ 鎮まらない揺れ
現在、被災地の住人を最も悩ましているものに、余震といいますが群発的に続く地震です。とにかく日本中どこでも揺れているのが現状です。東京でも勿論油断はできませんが、東北にて揺れを体験するとそのリアル感が違います。まさに現地にて感じる揺れの危機感や切迫感というのは東京で体験する以上に煽られます。まさに休まる時がない、そして一年近く同じようような現状が続くことで疲弊してきています。

⑧ ライフラインの復旧時期
ライフラインの復旧は場所によって時間差がありました。環境の差もかなりありましたが数カ月のタイムスパンにて一様に整ってきました。まだこんな酷いところがあるというツイッターなどでの情報発信が功を奏しているように感じます。ライフラインが復旧し仮設住宅への入居そして街中の物流が徐々に復旧してくると、被災者の心理状態も少し余裕が出てきます。つまり考える時間です。無我夢中で走ってきた数カ月間ですが、そこで失われたものを改めて見つめることができる時間となります。曜日感覚も出てきます。「何曜日には、近所の何々教室に通っていた。」「あそこにお店があって仲間で集っていた」など、激動の日々が一息つくにつれて失われた生活を思い返す時間がでてきます。個々の生きることで精一杯であった時期から生活へとステージは変わってきます。このときに有効であったのが集うことです。そして身体を動かすことで運動不足の解消とともに、エクササイズの心身への効果がプラスアルファとなってきます。つまり集うことそのものにも心理的な効能がありますが、そこにフィジカルな効果が加わることでさらに心理的な効果を促進することができます。思い悩んでいるときに汗をかくとさっぱりとすることがあるように、フィジカルな促しが精神的にも効能をもたらします。

⑨ 被災地・被災者からの脱却
平成23年末より私自身が現地の方々やボランティアから度々聞いたこととしては、被災地や被災者という言葉そのものからの脱却です。そして心理的にもその敬称から脱したいという思いを抱く人が増えたように思います。いつまでも施しを受け続けることはできないというのが、次へのステップとなります。もちろん今でもボランティアは有難いものだと思いますが、現地の方自身が言われていましたが、いわゆる「貰い癖」がついてしまっているという現状があるようです。半年以上そのような環境に身を置くと、お金を払ってもいいのかしら?とお金を使うことを忘れてしまうということがあったようです。現在は消費活動も再開しており、また状況は違ってきているとは思いますが、無償で何かをするということそのものの是非もあります。経済的な格差も相当おきており、その内幕を全て知ることはできないため難しい問題ではあります。他人から自立を促してもどうなるものでもありません。自らが自然に何かをその境遇の中で立ち上がっていくしかないというスタンスに立つことが大切だと思われます。

⑩ 寄り添うとは
寄り添う。このフレーズが一年が経つ現在最もフィットする言葉かもしれません。近すぎず、遠すぎず、いつも見ている気にかけていることをさりげなく行うということになるでしょうか。ほどよい距離感とほどよい支援。この曖昧な難しさは含んでいますが、支援する側そのものが芯を持ってぶれないということかもしれません。この寄り添うというスタンスは常に自問自答しながら考えていくしかありません。


スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0