メディカルヨガ

Category: YOGA
第二回メディカルヨガ&ピラティス研究会報告

3月17日土曜日 代々木のUTLにて第二回MYPガ開催されました。もともとは昨年に開催3月19日に開催されたヨガチャンプルーが前進になります。あの時は東日本大震災の一週間後の沖縄開催でしたので、異常な心理状態にて臨んだことが思い出されます。本当に心ここにあらずで、沖縄にいても全く楽しめる気持ちになれず、早く東京に帰って何か力になりたいという気持ちだけでした。
 さたこのたび新たなバージョンアップとして開催されたMYPはBODEYWORKをフィットネスの分野からメディカルの視点にてみようとする試みです。昨今、イントラとメディカルの双方向性の流れが活発になり、イントラからの医療的な知識や情報を得たいというニーズの高さを肌で感じていました。そういったこともあり、この度の開催となった次第です。何事も立ち上げの理念が大切です。メディカルとなると学術的な視点が大切です。パフォーマンスもですが、理論背景やロジックが大切になります。学会的な色になってくれば尚いいですね。

今回、印象的だったのは乳がんサバイバーに対するヨガの効果です。乳がんサバイバーという言葉も初めて知ったのですが、ようは乳がんを克服した人たちのことをいいます。戦っている現在進行形の人たちも入ると思いますが、心身ともに立ち向かっている、ある意味克服した人たちといえます。既にアメリカではヨガの効果が体力的な面だけでなく心理的な効果へとエビデンスがまもなく出るようです。ヨガが趣味から医療へと昇華することもそう遠くはないでしょう。ヨガはともすればアーサナというポーズに目を奪われがちですが、実際にはメディテーションの効果が高く呼吸とイメージとそして心身の解放へとつながります。現代の最も問題となっているストレスの対局に位置するメソッドといえます。
 ヨガのイントラで乳がんサバイバーのためのイントラコースを間もなく開催される岡部朋子 先生という方が下記のサイトと書籍を紹介してくださいました。是非興味のある方はご覧ください。

乳がんとヨガのサイトはこちらになりますが、
http://breastcancer-yoga.luna-works.com/
関連書籍です。
http://medical-yoga.luna-works.com/medical/medicine.html
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0