胸郭へのアプローチⅡ

胸郭へのアプローチⅡ

さて胸郭ですが胸郭の背面が硬い場合、肩甲骨が挙上していることが多くみられます。特に
左右差がある場合は顕著です。肩甲骨の挙上は僧坊筋が主動作筋ですが肩甲骨背面の筋肉の緊張も伴います。
 結果的に上腕骨頭が前方突出してみえたり肩関節の後部が硬くなったりという現象につながります。肩甲骨の背面および肩の後部の硬さは、上腕の橈側の筋肉の緊張を誘発します。
末梢の橈側の筋肉が硬さの連鎖の固定に関わっていることがあり、そのため上腕へのアプローチが結果的に背部の緊張を解くために有効となっているものと考えられます。
あとは胸郭の三次元的な変位には肋間筋なども関わっていると思われますから、
ダイレクトに物理的に変位を戻すアプローチも有効です。
それがマッスルエナジーということになります。
原理は短縮している胸郭の面を特定し、その部位を伸ばす肢位にセットして抵抗をかけることで短縮側を伸ばします。三次元的な変位の評価方法として呼吸~胸郭の連鎖をみます。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0