世界陸上

Category: トピックス
世界陸上総括

韓国での世界陸上が終わり、良くも悪くもボルトで終わりました。

もともと陸上競技出身ですので常に興味をもってみていますが、今回は日本選手で注目選手が少なかったのが

残念です。

線が細く逞しさを感じない男子陸上選手。

レベルはまだまだかもしれませんが着実に力をつけていることがわかる女子短距離陣

日本の陸上競技の欠点は以前より中にいて感じていたことですが、良くも悪くも個人に任せられている

ということです。

自立しているということも言えますが、個々のこだわりと持論が強すぎて客観的に見れない選手が多すぎます。

特にエリート街道を歩んできた選手はなかなか周りの意見を聞く耳をもちません。

コーチもいるのですが、そのコーチがナショナルレベルのコーチングができない持論なのです。

国レベルで支援するサポートする育成するシステムがない日本においては、他の競技においても

二世選手が多いのが気がかりです。才能ではなく環境によって育つというのが日本です。

才能があっても環境に恵まれなければ伸びないのは何処の国でも一緒ですが、それが家族単位の環境である

ことが日本の欠点なのです。

サッカーや野球などでは常に世界に眼が向いています。

また商業路線にのっているので親も必死です。

親子だかで取り組んでいるイメージがあるのは卓球、野球、サッカー、体操、などでしょうか。

陸上競技で親子だかというのは聞きません。

実業団の監督に任せられた構図は、ケニアやエチオピアがチーム戦術を用いて

揺さぶりをかけてくる近代マラソンにおいては、個々で闘う日本にはもはや太刀打ちできません。

もともと5000や10000mの走力がずば抜けているアフリカ勢に対して、チームでスローペースに

コントロールされたら30キロ以降に勝負ができるわけがありません。

もともと横のつながりが薄い日本の陸上実業団。

情報交換を積極的にして国を背負う気概が必要です。

海外に出て揉まれなければ強くならないのはサッカーをみても明らかです。

長距離ランナーを申し越し分析すると、中距離に強い選手がいない日本においては

もはや5000や10000で闘える選手はいません。

ただ走りこむことで作りこんだフォームと合理的な身体の使い方、ペース配分が必要な

中距離の走り方は全く違うのです。

まずは中距離をしっかりと走れるフォームテクニックを身につけ

そして5000以上に臨まなければいけません。

もはや中距離はスピード、長距離は持久力と分けられる時代ではありません。

今回の正解選手権も10000mラスト一周を52秒で回ってくるほどに既に短距離化しています。

日本の場合は10000mで28分そこそこで走れれば良しとする風潮があります。

積極的に記録を狙っていく風潮はありません。

この考え方は箱根駅伝でメンバーのうち何人が28分台で走れるかという基準にあります。

さらに27分前半を目指そうとする発想は全くありません。

今の日本の練習方法では個人の能力にて27分台後半で走ることはできます。

しかし、短距離においてもO.1秒を縮めることは、全く違ったランナーにならなければ達成できないように

長距離においては27分30秒をきるということは既存の考え方では無理なのです。

世界では日本の400mランナーが長距離を走っているようなものなのです。

また5000mにおいては現在の日本は全く重要視していません。

あくまで10000mを基準に考えます。

5000で走れても10000は違うからということでしょうが、世界は既に1500のランナーが5000と

併用する時代です。1500と5000を中距離としてその走力をベースとして10000とマラソンを走る

という考え方が必要です。

さて福島選手は快挙でしたね。

今までの日本の女子選手では考えられない快挙です。

女子は長らく11秒7レベルで高校総体と全日本が暫く同じレベルでした。

しかし現代においては実業団の選手に高校生は全く敵いません。

身体が明らかに違います。高校では勝てる気がしません。

11秒5を切ってくるということは、それだけ親子ほどの差があるのです。

しかし敢えて言えば、後半の失速というよりカラ周りしているかのように

おいて行かれる光景を100でも200でも見ました。

後半の20から30mまるで止まっているかのようにスーと後退します。

スタートの動きはいいのです。コーナーもいいのです。

ラストです。肩甲骨が全く動いていません。

もともと100でも200でも無酸素で全力で走ることはできません。

身体のあらゆる推進システムを使わないと筋肉は続かないのです。

肩甲骨の動きで推進するテクニックを身につけなければ、11秒1~2を切ってくる世界には行けないでしょう。



スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0