石巻市雄勝活動報告

Category: 東日本大震災
石巻市雄勝活動報告

026_20110723090921.jpg
雄勝は硯が有名です。

7月14~16日の三日間にて雄勝でリハビリ支援活動をFTFにて行いました。先先遣隊の橋本大吾さんの情報をもとに、現地での調査介入を行ってきました。これからFTFではどんどん雄勝に入っていく予定です。本日から二日間、第二陣が現地に赴いています。志ある医師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士が集っている団体です。団体といっても個の自立した集団ですので機動力が売り物です。各々が自律的な行動と意思決定により現地で臨機応変に活動をすることを前提としています。
 FTFはface to faceの略です。すっかりFTFで慣れてしまいました。顔と顔そこに我々の全ての理念が含まれています。
 ・媚びない
 ・群れない 
 ・ぶれない
この三つの原則を頭にいれています。兵法においても群れる集団は簡単に崩れます。活動は被災地です。もちろん現在はかなり安全に活動できるようになっていますが、緊急時はいつ来るかわかりません。指示待ちや誰かの気をやくことがさらに被害を増大させます。経験年数やキャリアは関係ありません。ただリハビリ活動ですので医療資格取得者であることは最低条件になります。
 雄勝は雄大な自然こそが主役であることを教えてくれます。人が住むことが前提の地球ではなく、地球に人が寄生しているのです。その原則を間違えると、人間の都合のよい解釈をもって開発しようとします。文明も経済も全ての方向性を見直す共生という理念をもって復興にあたることです。
 そのことをこの二日間で教えてくれました。自然は怖いです。恵みと優しさも与えてくれますが、戒めるかのように急に顔色を変えます。そして何事もなかったようにまた平然と我々の前にたたずみます。
 

7月14日 午後二時東京駅地下街 山本班集合。八重洲地下駐車場:高速を降りずに駐車。駐車料金を払ってそのまま首都高~出れます。駅構内にて待ち合わせ。合計5人車にて出発。

      午後8時 太白区の治療院に到着。夕食 歓談 花火。
017_20110723090041.jpg


      午後11時 ホテルルートイン名取にて宿泊。ミーティング。二次会?

7月15日 午前7:30 ホテル出発 石巻市へ。

        9:30 石巻市内のトヨタレンタカー到着。笠原・諏訪の石巻キャンナスサ 
ポート組を降ろし、一路雄勝へ
030_20110723092241.jpg
かつてはファミリーマートがあった場所。

        11:00 雄勝 雄心苑到着 保健師門間さん、スタッフと打ち合わせ。
              支援物資、お土産を渡し、何故か雄心苑スタッフ 自称五十肩と
いう4名に対して理学療法。まずは部外者の我々信頼関係です。

        13:00 宿泊旅館 長栄館到着。時間は早いが車および荷物を置かしてくれることを快諾。
              (気軽に休憩所として使用させてくれる。再集合場所としても利用)
              旅館にて大須地区の会長さんの電話番号を聞いて、ご挨拶に向かうことを連絡。
              合わせて旅館の親戚を見てほしいと依頼を受ける。
              3人で会長宅へ。そこでお茶とお茶菓子攻撃?

さらに「みてよ」ということになり会長ご夫婦を治療することに。(予定外の予定がドンドン入ってくる。しょっぱなから予想外の展開。
              会長さんの奥様の押しが強くて断れない。富永さん奮闘。
              松陽さんは会長さんの紹介で訪問へ。
          
              その後は順次、3名の雄心苑からの依頼のあった方へ介入。
              現地の住宅地図を雄心苑でもらい土地勘のないところで
対象者の家を探す。3人目の依頼者への訪問が5時になり、
対象者から雄心苑に連絡。そして私の携帯に着信。
              しかしiphone、softbankはつながらない。docomo必須を痛感。
              なんとか依頼者全員の介入終了。
              現地では5時には家族の団欒。晩御飯。

この時間感覚が東京にいる我々には無かった。反省。
     19:00  雄勝班活動終了。活動まとめ。
     19:30  夕食 本来なら旅館は18時ぐらいが食事時間。
     20:00  笠原・諏訪の二名は夕方に石巻に到着する岩隈を拾って、一路雄勝へ。
            旅館で合流。石巻市内にて笠原さんに二次会?のお酒おつまみを買ってきてもらう。
           21時までということでマイクを握る。
038_20110723093120.jpg


           4曲で終了。地震・・海をみてしまう。緊張感ありあり。
     22:00 お風呂後にミーティング。ちなみに雄勝の旅館ではタオルセット持参は
必須。「あのタオルありますか?」「え?もってきてない?」「ですよね
~大丈夫です。」そそくさと退散。雄勝ルールに阻まれる。
そんなこと予約時には一言も言われなかった。郷に入らば郷に従え。
・現地の説明と明日の行動計画を確認。
 17日の南相馬行きを変更。雄勝活動継続決定。
笠原以下二名は活動場所を森林公園仮設および原地区在宅に決定。
山本・松陽・富永は引き続き大須地区。

16日  午前4:30 何故か眼が覚める。6時前に散歩。ソフトバンクの電波受信場所発見。
            海の見える岸壁。霧がかかって怖い。すいこまれそう。
042_20110723090400.jpg


      7:30  朝食
            長栄館の隣にある亀山旅館に連絡をして、本日の宿泊を打診。
            OT松澤グリープと同室に勝手にしてもらう。
      8:30 笠原組3名。雄心苑に向けて出発。その後森林公園へ。
      9:00  荷物を亀山旅館に移動、休憩室としても利用させてい
ただくことに。夏の日差しは強い。屋外活動の連続は厳しい。
屋内休憩は有難い。お昼もお握りをつくっていただいた。
笠原・富永そのまま大須地区在宅訪問。
山本や大須小学校避難所と仮設へ。
049_20110723092115.jpg
大須小学校には自衛隊のお風呂がありました。

      11:30 山本、森林公園に活動合流。
052_20110723090543.jpg


在宅依頼者の家が散在していてわかりにくい。
再度、雄心苑に連絡して場所の確認。笠原を連れて原地区へ。
086_20110723090642.jpg


訪問介入。そこでさらに紹介を受ける。
      12:30 笠原組 原地区19軒在宅へ訪問開始。終了後に石巻へ。帰宅。
      13:00 亀山旅館集合。昼食。ミーティング。

            OT松澤と連絡をとる。OT三名は河北へ。
           しかし、対象者は不在でご家族への聞き取り。
           再度、翌日河北へと活動を修正。

       14:00 山本組3名。行き先を名振に変更
             仮設および在宅介入。
             もう一か所仮設があるとのことだが今回は時間的に終了。
       17:00 名振の被災地を視察。絶句。
056_20110723090252.jpg


       18:00 亀山旅館帰還。 OT松澤、西野以下OT花田3名と合流
061_20110723091205.jpg


             晩御飯
             ミーティング
             二次会。OTさん達がビールを買ってきれくれてました。
             雄勝には店が無いので、石巻から入る人が必然的に買いだし。
             笠原組石巻市から仙台市内へバス移動
       20:00 笠原組 仙台着 祭りのため大幅に到着遅れ
             仙台駅徒歩10分お風呂屋「喜代乃湯」さんへ。
             「お風呂に入ると疲れが違うとのこと・・・」
       11:30 笠原組、夜行バスで帰京。朝5:30新宿着

17日   午前4:30 またも目覚める。
        6:00 一人散歩へ。ソフトバンク受信ポイントへ。
066_20110723091015.jpg


        7:00 朝食
        8:30 仙台市内のOT1名合流(車持参)
           OTグループを河北と大須・羽坂地区の二グループに分けて活動。
           大須地区の雄心苑依頼者二名CVA患者OT2名介入。
その後に羽坂地区の会長さんに連絡をして現地介入。
9:00 PT山本 松陽、富永は雄心苑にてカルテ・地図などの整理
127.jpg


     雄心苑への道中にて電話が入る。
大須地区の方でパンフレットをみてリハビリ依頼を受ける。
10:30  PT佐々木 PT西山 雄心苑到着合流 申し送り
069_20110723091923.jpg


     佐々木グループは松陽・富永ともに大須へ。
現地にて会長へ挨拶。現地指導?
      11:00 PT山本 水浜地区へ。身体障害者手帳対象者の仮設へ。
073_20110723090819.jpg



      13:00 PT山本 原地区の在宅へ。笠原さんからの申し送り患者さん宅へ。
            荒地区と船越地区を視察
096_20110723091517.jpg
荒地区の海水浴場

094_20110723091549.jpg
船越小学校。廃墟です。           

      15:00 大須地区の亀山旅館にスタッフと合流
            PT佐々木さんに翌日、荒地区の会長さんに連絡をして、
現地入りする手筈を整える。
老人憩いの家にて人を集めてくれるとのこと。
     15:30  山本組雄心苑にて八森さんへ活動報告。OT西野さんも合流。
山本組およびOTグループ帰路へ。 
佐々木組はそのまま大須活動。
     23:00  池袋着 二人を降ろして解散。

18日   午前 佐々木組は荒地区へ。10名ほどの対象者が集まっていただいた。
               現地の人はマッサージだと思ったよう。                            
                    3名の介護を受けている人がいるとの情報を得る。次回訪問へ。
  
      午後 大須小学校 仮設と避難所の申し送り者をみる
         雄心苑にて報告。帰路へ。
132_20110723091333.jpg

この四日間、入れ替わりですが合計PT8名 OT4名の参加者にて支援活動をしました。
車も合計4台で、機動性がありまた予定外のことも多々おこりますが、臨機応変に対応していただけました。本当に4日間有難うございました。計画通りには往々にしていかないと思っていて丁度いいかと思います。
 065_20110723085959.jpg
またこの地に戻ってきます。
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0