8月6日東北復興集会の案内

Category: 東日本大震災
8月6日東北復興集会の案内
(メール転載)

被災地復旧と復興が加速するような集会を仙台で開かれます。

内閣から平野防災担当大臣。

お金を大量に流入させるために財政金融の視点から財政金融委員会委員長の藤田幸久議員。

短期的な経済回復のために観光庁から溝畑長官。

地場産業のメインである農林水産業の中長期的解決のために、農林水産副大臣の篠原副大臣。

林野庁から皆川長官。

医療課題の視点から日本赤十字看護協会会長の川嶋みどり氏。

が基調スピーチ。方針の発表をいただきます。

また、15以上の被災地市町村長が参加し、県知事が参加し、国の要人が参加するので、この連携促進をうたってもらい、定期的な情報交換を法制化していただきます。

ボランティア団体やNPOの役割として、行政と連携しながら国に情報を直接上げ、国の主導する方針についての実行部隊として機能することをうたいます。

物資配給、人手不足、経済復興の起点となる集会になればと。

全てが被災地復興だけでなく日本再生の鍵になる内容です。

何かのご縁でせっかく知り合った方々。歴史的な日としてご参加下さい。

また東京からバスを手配する予定です。バスご希望の方はバス希望と書いて申し込み下さい。

料金は何台で何人行くかにもよりますが、ボランティアバスの8000円は確実に超えないようにします。

以下詳細です。以下メールアドレスにお申し込み下さい。

何卒よろしくお願い申し上げます。

富山


8月6日仙台にてシンポジウムを開催いたします。

参加お申し込みは参加者名、所属団体、連絡先などを明記の上、以下メールアドレスにお申し込みください。

info@enproject.jp

担当富山宛てまで。

以下内容です。


『被災地復旧・産業復興再生プラン』


東日本大震災により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対して、深いお悔やみを申し上げます。

東北地方における基幹産業である水産業、農業、林業は、未だ復興基本プランも策定されておらず、地域住民は、見通しの立たない暗い夢のない生活を余儀なくされています。そこで、観光業、医療介護などを含めた短期的な復旧緊急対策と、中長期的観点からの根本的な復興再生プランをご提案いたします。このシンポジウムで、皆様からの積極的なご批判と討論を頂きたく存じます。


日時:平成23年8月6日(土曜日)
12:30 PM 受付
13:00-17:00

場所:仙台市民会館、小ホール(B1)、仙台市青葉区桜ヶ丘公園4-1

電話:022-262-4721

プログラム:

司会:本間正義 東京大学教授

13:00主催者挨拶 中西真彦 (国家ビジョン研究会代表世話人)

13:10基調講演 平野達男 (防災担当大臣、参議院議員)

13:25基調スピーチ

篠原孝 (農林水産副大臣、衆議院議員)

藤田幸久 (財政金融委員会委員長、参議院議員)

溝畑宏 (観光庁長官)

皆川芳嗣(林野庁長官)

村井嘉浩 (宮城県知事)依頼中

川嶋みどり(日本赤十字看護協会会長)

13:55被災地各市長挨拶 (16市町村長参加決定-30市町村長参加予定)


14:40 パネルディスカッション(復興新生プラン)

コーディネーター 本間正義 東京大学教授

パネラー 大泉一貫 宮城大学・副学長(農業)

小松正之 政策研究大学院大学教授(水産業)

梶山恵司 内閣官房国家戦略室内閣審議官(林業)

他 漁協、水産業関係者、農協(JA)関係者、森林関係者、ボランティア代表、消費者代表

16:10 参加者からの質疑応答


17:00 閉会
スポンサーサイト

コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0